自転車のタイヤ交換は、お早目に!タイヤがひび割れて、大変な目に遭いました。

漕いでもこいでも、ほんのすこしだけしか前に進まない、ママチャリ。

そして、ガタン、ガタン、ガタン…と、鳴りひびく轟音。

「なんだ、なんだ?!」

通りすがるひとたちにチラチラ見られながら、「バイトに遅刻する~!まずい~!」と必死に自転車をこぐオバサ-(over30 meets おばさん)は、わたくしこと、もたい・ない子です。

スポンサーリンク

タイヤのメンテナンスには、お気を付けて

悲劇は、突然でした。

駐輪場に行って自転車に乗ると・・・「ガタン、ガタン」

後輪が、パンクした感じがしました。

「えぇっ!昨日まで問題なかったのに、嘘でしょ?!」

今から、バイトだというのに!

自転車をおいて職場まで全力疾走しても、ぜったいに間に合いません。仕方がないので、そのまま後輪の空気が抜けた自転車をこいで、アルバイト先に向かいました。

しかし、まったく前にすすみません。

通常の1.5倍の時間をかけて、なんとか職場にたどり着くことができました。

後輪のタイヤは、パンクでなくひび割れ

翌朝、自転車屋さんに行くと、空気が抜けた原因は、パンクではなくタイヤのひび割れが原因でした!

そもそも、タイヤの減価償却期間は2年くらいだそう。

わたし場合は、すでに3年が経っていたので、完全に経年劣化です。ましてやママチャリで、ふだんは子供をのせているので、よりいっそう摩耗したのだろうとのことでした。

そして、4500円で、タイヤを交換してもらいました。

タイヤは割れる前に交換すると、自転車が長持ち

「とはいっても、みなさん割れてからいらっしゃる方がほとんどですけどね。」

と言葉をそえながら、できればタイヤは割れる前に交換したほうがいいと、店員さんはアドバイスををくれました。

自転車の傷みをミニマルにして、長持ちさせるためには、タイヤが割れる前に交換したほうがよさそうです。

まとめ

こうして後輪のタイヤが新しくなり、見違えるようにきれいになった自転車。

こいでみると、スイスイと自転車が前に進んで、気持ちいい!

あと3年はこのママチャリを使いたいので、メンテナンスをして大切に使いたいと思います。

★自転車はメンテナンスをして、傷みをミニマルにしなければ、もったいない!