ふるさと納税のワンストップ特例申請書は自分で84円切手と封筒を用意して郵送します。

ふるさと納税の申告をするなら、ワンストップ特例申請と確定申告の
どちらで申告するほうが得なのか?


sponsored link

申請書を送るためには、どれだけのお金がかかる?

ふるさと納税の申告方法を検討する際に、わたしには見落としていた
ことがありました。それは、申告するときにかかるお金です。
わたしは去年、ワンストップ特例申請を利用して申告をしましたが、
申請書を自治体に送るためには、
原則的に、82円切手と封筒を自分で用意する必要がありました。
※2019年10月~、切手代は84円に変更になりました。
ワンストップ特例制度は、寄附のできる自治体が5つまでと決まって
いるので、切手代はかかっても最高で410円、あとは封筒代です。
でも、ふるさと納税をどこまでもお得に活用したい節約主婦にとっては、
できるだけ、申告のためのお金はかけたくないもの。
原則的に、ということは、切手や封筒を自分で用意しなくていい場合も
あるの?それは、どんなとき?
recycle.JPG

ただし、返信用封筒を用意してくれる自治体もあり。

わたしは去年、5つの自治体に、ふるさと納税の寄附をして、
申込みをするときに、あらかじめ「ワンストップ特例制度を利用する」
と伝えると、
自治体によってタイミングはそれぞれでしたが、振込依頼書や領収証と
いっしょに、申請書が送られてきました。
申請書を記入して返送するためには、原則的に、切手と封筒を自分で
用意する必要がありますが、
なかには、返信用封筒を同封してくれた自治体もありました!

 

自治体 封筒の同封
総社市 なし
大東市 なし
新上五島町 なし
むつ市 あり(切手代:必要)
焼津市 あり(切手代:不要)

※2015年の秋・冬ごろの実績です。
そのため、わたしが申請書を送るためにかかった切手代は、ぜんぶで
82×4=328円。封筒代は、3枚分でした。
※2019年10月~、切手代は84円に変更になりました。
寄附以外にかかる金額も考慮して、確定申告かワンストップ特例申請の
どちらの方法で申告するほうが得なのかをよく考えて、
今年もふるさと納税生活を、とことん楽しみたいと思います!
★せっかくなら、寄附以外にかかるお金をおさえなければ、もったいない!



「持たない」「買わない」「使いきる」暮らしの参考にしています:

ランキングに参加しています:
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
あわせて読みたい:


フォローする