【実家の断捨離】物置きになっていた部屋が、半分、部屋にもどった。

わたしの実家には、物置き部屋があります。

それは、以前は妹が使っていた部屋で、むかし妹が使っていたもの、家族の荷物、父の本、季節の家電などが置かれています。

まるで、倉庫のようです。

スポンサーリンク

物置き部屋が、半分、部屋になった

ところが、この度。

ダンシャリアンになった妹が、実家にある自分のモノは「なんでも捨てていいよ」と、言ってくれました。

また、大型の家具を処分できることになり、ガラステーブル、小さな本棚、キッチンワゴン、勉強机を断捨離しました。

もっと早く決断できていたら売れたかもしれませんが、コンディションが悪かったので、大型ゴミの日に処分しました。

また、父が手放すことを決めた本を約50冊、ブックオフで売ってきました。

※その後、さらに50冊ほど処分しました。

まとめ

大型家具がなくなって風通しのよくなった部屋をのぞいた父は、「おっ、すっきりしたな!」とうれしそう。

令和元年。

物置きになっていた部屋が、半分、部屋にもどりました。

関連記事:
【実家の断捨離】父が「捨てよう」と言ったのは、〇〇の効果かも?!
【実家の断捨離】わたしの部屋には何もありません。その理由は?
【実家の断捨離】わたしの部屋にあった椅子が、処分された。そして、何もなくなった。

★実家の部屋を、物置きにしたら、もったいない!