【実家の断捨離】父が「捨てよう」と言ったのは、○○の効果かも?!

わたしはさいきん、年に2回くらい、実家に帰省しています。

滞在させてもらったお礼にと、毎日掃除機をかけ、台所の床と窓と網戸をふいて、ベランダをブラシで洗いあげるのが、恒例イベントです。

お茶をすすりながら、ピカピカになった部屋を眺めて「きれいになったなぁ」とニヤニヤするのが、楽しみなのです(変態か!)。

スポンサーリンク

無理に「捨てよう」と言わずに、掃除をすればいい

ただ、今年は帰省中に体調を著しく崩してしまい、病院に連れていってもらうばかりでしたので、前回帰省をしたときのはなしをひとつ。

わたしの父は、勉強と本が大好きです。特に本は、すべて取っておきたいタイプ。

でも、わたしが家中のほこりを雑巾で拭いていると「もういらないから、捨てておいて」と、父がゴソッとテキストを渡してきました。

突然どうしたのかと思いましたが、掃除をしてキレイにすると、「キレイにしたい」という気持ちが、ほかのひとにも波及するのだと思いました。

関連記事:カーペットの掃除には「使って驚きの吸引力NO.1」ダイソンのコードレス掃除機がおすすめ 

まとめ

「こうしなさい」「ああしなさい」

と口うるさく言われると、ひとは自然とやる気が失せてしまいます。また、自分から意欲的な気持ちがわきおこらないと、なかなかアクションにむすびつきません。

実家の断捨離は、まずは部屋をピカピカに掃除をしたり、自分の置き荷物を片付けていると、その影響力は親にも波及するかもしれません。

★言うよりも、行動しなければ、もったいない!