かつてモノにあふれていた妹の部屋が、今では簡素なホテル並に!

わたしは年に数回、妹といらないモノを交換しています。

妹には、主にわたしのいらなくなった洋服をあげて、妹は、もう必要なくなった化粧品・小物などをくれることが多いです。

毎回、パンパンになった大きなボストンバッグを抱えてきます。その中から、次から次へとそれらのモノが出てくる様子は、まるで、ドラえもんの二次元ポケットです。

スポンサーリンク

簡素なホテルのようになった、妹の部屋

「こんなにもらっちゃって、いいの?」

妹に聞くと、「自分では捨てられないから、全然いいの。さいきんは、モノやいろんなコトを断捨離してるんだ」とのこと。

30代は、いらないものをそぎ落として、自分にとってなにが大切なのかを見極めていく時期なのかもしれませんね。

ちなみに、かつてモノにあふれていた妹の部屋は、今では簡素なホテル並だそうです!

まとめ

そのホテルは、なぜかいらなくなったモノがいっぱい出てくる、不思議なホテル。

でも、その謎は追求しません(笑)。だって、お互いにメリットを感じているから♪

★不要品は、家族とトレードしなければ、もったいない!