使っていない布団は、布団用圧縮袋に入れて、コンパクトに収納。

だんだん汗ばむ季節となりました。

肌寒くなるまでもう使わない布団をしまっておこうと、洗濯をして干したあと寝室のクローゼットの上段に次々に積みかさねていくと、

「ダダダダダダ~!」

ついに、雪崩を起こしました・・・(笑)。

スポンサーリンク

かさばる布団を、限りなくコンパクトに収納。

「わぁぁ!」

あわてて雪崩で落下した布団をひろって1枚1枚重ねなおしましたが、 途中で天井に届いてしまい、まったく入りきりません。

ちなみに、我が家の寝室のクローゼットの上段は、高さ80cmくらいです。

そこで、入りきらなかった布団をひとまず適当なところに避難させておいて、ずっと気になっていた「布団用圧縮袋」買って収納することにしました。

布団用圧縮袋

わたしが購入したのは、シングル布団用圧縮袋(2枚入)です。

収納したかった布団を2つの袋にわけて、それぞれ圧縮すると、両方あわせて30cm以下になりました。すると、あれだけ雪崩を起こしていた布団が、あら不思議。

クローゼットに楽々と収まるようになりました!

futon compressor

収納した布団(圧縮袋1)

掛け布団4枚(大人用2枚・ベビー用2枚)
ベビー用掛け布団カバー2枚

収納した布団(圧縮袋2)

毛布2枚
敷パッド1枚

使用方法

布団を布団乾燥機や天日干しでしっかりと乾燥させたあと、チャックを閉じて掃除機で1・2分吸引するだけで完了です。

まとめ

まさか、あれだけかさばっていた布団が、ほんのわずかな時間で1/3以下のコンパクトなサイズになるなんて、もっとはやく圧縮袋を使えばよかった!

1LDKのミニマルな住まいで、収納も限りなくちいさい我が家には、使わない布団を極小にできる圧縮袋はこれからの暮らしの必需品。

これ、確定です!

★使わないお布団、コンパクトに収納しなければ、もったいない!