壊れたメガネを、JINSのメガネリサイクルボックスに回収してもらいました。

我が家は、夫もわたしも、メガネっ子。いえ、メガネおじさんとメガネおばさんです。笑

以前はメガネが折れることなどほとんどありませんでしたが、ここ数年で、夫とわたしでそれぞれ2個、息子にメガネを壊されてしまいました。

壊れたメガネは、もしも新しいメガネを買うときに下取りキャンペーンがあれば使えるかもしれないと思って取っておいていましたが、その「もしも」の機会はなかなか訪れません。

スポンサーリンク

メガネをリサイクルして、新しいエネルギーへ。

実はそもそも、メガネの下取りは、メガネ業界ではほとんど行われていないようです。

そのため、このまま壊れたメガネを取っておいても仕方がないと処分をすることにしましたが、ただ捨てるだけではもったいない!

そこで見つけたのが、JINSのメガネリサイクルボックスです。

jins recycle box

断捨離するなら、できるだけ環境に配慮して

JINSのメガネリサイクルボックスで回収された不要なメガネは、提携先の工場でガス化されて、エネルギーや新しい資源にリサイクルされます。

これは、みんなでプラスチックを集めて地球の資源をリサイクルしよう!という環境省が支援する「PLA-PLUSプロジェクト」の取組みで、JINSもこれに参加しています。

フレームもレンズも100%リサイクルされるので、そのままゴミとして捨てるよりも、環境にやさしくてずっといい。

jins recycle2

わたしは、JINSの店員さんに声がけをしたあと、メガネリサイクルボックスで夫の壊れたメガネを2個回収してもらいました。

そして、回収に協力いただいた方へとウェットティッシュをいただきました。

まとめ

リサイクルや寄附などの社会貢献は、ちょっとしたことでもいいので自分のできることからはじめて、日々の生活の中で続けていきたいと思います。

関連記事:いらなくなったメガネと引き換えに、JINSでもらった4種類のノベルティ

★壊れたメガネは、リサイクルして新しいエネルギーに替えなければ、もったいない!