【実家の断捨離】父の本を約150冊、古本屋に持ち込んだ → トホホの結果に…

わたしの父は、本を読むのが大好き。

いずれは処分をすると言いつつ、今までにたくさんの本を買ってきました。その数は、200冊以上はあると思います。

「一体いつになったら、その日が来るんだろう…」

家族のだれもがそう思いながら、月日がたっていきました。

そして、令和元年の夏、ついにその日がおとずれました。

スポンサーリンク

たくさんの本が、うざったくなった、父

きっかけは、物置きになっていた妹の部屋が、はんぶん部屋にもどったこと。

長年そこに放置されていた大型の家具の数々を、家族が「捨てていいよ」と言ってくれ、断捨離が一気にはかどり、すっきりしたのが気持ちよかったのだと思います。

気がついたら、父は紙袋の中にたくさんの本をまとめ、古本屋に行こうとしていました。

「急に、どうしたの?」と聞くと、

「うざったくなった」と、父。

その答えはあまりにもシンプルで、母と、笑ってしまいました。

まとめ

さいしょは50冊、次に50冊、また次に50冊。

全部で150冊くらい、古本屋に持ち込みました。売れたのは、数冊。合計、約700円でした。

それ以外は処分をお願いしました。こちらは、古紙回収にまわるそうです。

もっと早くに…とは思うけれど、決断してくれた今が、タイミング。またまたすっきりできて、家族みな、満足げです。

★実家の断捨離、チャンスをうかがわなければ、もったいない!