【本日の断捨離】ピンクのクレヨン

もう一生使い切れないと思えるくらい、わたしの実家にたくさんあるもの。
それは、クレヨン、クレヨン、クレヨン・・・。


スポンサーリンク


どうしてそれだけのクレヨンが集まったかというと、
妹とわたしが幼少のころに、
お誕生日会で、友達からクレヨンのセットをいただいたからです。
その数、なんと最大、72色!
色鉛筆でも、72色は、めずらしいかな?!

たくさんの色が入ったセットは、
乙女心をくすぐる宝石箱のようにキラキラ輝いて見えて、
とてもうれしかったのを覚えています。
けど、それだけあると、さすがにすべてを使い切ることは至難のわざ。
こうして今まで残っていたものを使い切るべく、
いくつかクレヨンを自宅に持ち帰り、子供と一緒に絵を描くときに使っています。
pink crayon.JPG
クレヨンが小さくなると、子供はそれをくだものに見立てて、
おもちゃのトラックの荷台にのせたりして遊んでいましたが、
頃合いをみて、ピンクのクレヨンを断捨離しました。
今ふたたび、世代を超えて。
思い出のクレヨンを、少しずつ使い切っていきたいと思います。
★古いものから、使い切らなければ、もったいない!



*別のブログも更新中です* 持たない・買わない・使い切る

ランキングに参加しています:
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
あわせて読みたい:


フォローする