子育てがつらくなったときに読みたい、佐藤初女さんの『心をかける子育て』

ニコニコしていて、やさしくて、包容力があって。

公園などでそのようなお母さんを見かけると、「どうしてそんなに上手に子育てができるのだろう。それに比べてわたしは…」と、へこむ日が多々あります。

我ながら、根暗です。

スポンサーリンク

初女おばあちゃんのやさしさに、ハッとする

弱っているときに、ガンガン強いアドバイスは、つらい。

でも、解決策はほしい。

そんなときに読み返したい、わたしが好きな育児の本があります。

佐藤初女さんの『心をかける子育て』です。

やさしく諭されると、素直になれる

この本を知ったきっかけは、むかし子供とよく行っていた子育て施設に置いてあって、手にとったことでした。

おばあちゃんがやさしく、自分を諭してくれている気持ちになる。

そんなところが、好きです。

強く言われるとショックを受けることも、やさしく言われると、スッと受け入れることができるんですよね。

もっと、ミニマルでいい

はっきり言って、わたしは育児が下手です。

必要以上にいろんなモノを心のリュックに背負いこんで、だんだん重くなって、しんどくなってきて。

そんなときにこの本を読むと、こんなに荷物は必要はなかったのだと、ハッとします。

もっと、ミニマルでいいのだと。

わざわざイベントを用意しなくても、子供といっしょにご飯を作ったり、おいしいおにぎりを食べたり。

ささいな日常の中で、子供との時間を大事にする。

『心をかける子育て』は、目の前にある日常を大切にすることを思い出させてくれて、「よけいな荷物を捨てて、身軽になろう!」と思えます。

そうすると、なんだか心がフッと軽くなるのです。

まとめ

それにしても、子供は親の背中を見て育つとは言ったもので、いい意味でもわるい意味でも、子供はよく親を見ていますよね。

子供の取った態度や言動が、自分のいやなところにそっくりなときは、反省します。

育児が下手なりにも、軌道修正していきながら、すこしでもいいお手本となれるように頑張りたいと思います。

★自分に合ったアドバイス、見つけなければ、もったいない!