お米を上手に保存するためには高温・湿気・酸化に注意して、保存容器を清潔に。

そろそろ、お米の傷みやすい時期になりました。

お米を買ったり、ふるさと納税などでもらったりしたら、できるだけ良い状態をキープしておきたいもの。そのためにも、わたしはビンの中に入れて冷蔵庫で保管しています。

スポンサーリンク

お米が傷まないために注意すべき3つの要素

お米を保管するときに注意したいこと。それは、高温、湿気、酸化です。

高温で湿気があると虫がつきやすく、湿気が多いとカビがはえ、空気にふれると酸化し鮮度がおちて、お米は意外にもデリケートです。

実はわたしは中学のころに、米びつに入っていたお米に虫がついたのを見たことがありますが、まさかのできごとにかなりの衝撃を受けたのをおぼえています。

それ以来、母は乾燥させたペットボトルにお米を入れて冷蔵庫で保管するようになりましたが、このできごとから、お米は気をつけて保管すべきものだと身をもって実感しました。

お米の上手な保管方法

そうならないためにも、保管するときに特に気をつけるべきことは、次の3つです。

1) 日の当たるところを避ける

2) 台所などの水まわりには置かない

3) なるべく空気にふれないようにする

わたしはビンの中に入れて冷蔵庫に保管することで、これらに注意するようにしています。

お米を入れる容器はこまめに掃除

そしてもうひとつ大切なのが、お米の保存容器をきれいにすることです保存容器についた粉などのゴミを放置すると、虫が発生する原因になります。

それを防ぐためには、お米はつぎ足しをしないで使いきり、容器をきれいに洗って乾かしたあとに次のお米を入れることが肝心です。

rice container

わたしはここ数年は、ずっと無印良品の果実酒用ビンを使っています。

果実酒用ビンは、今までは梅酒を作るときに使っていましたが、産後はお酒に弱くなって作らなくなってしまったのでお米の保存容器として使いまわしています。

ビンにお米を入れるときは、100均で買ったプラスチック製の大きなじょうごを使うとお米がササッと簡単に容器に入るので、とても便利です。

funnel

精米の保存期間の目安は、冬場で2~3ヶ月、夏場で2~3週間

我が家はさいきんはふるさと納税のお礼にむつ市からもらった10kgのお米 「ほっかりん」をすこしずつ消費していますが、お米は上手に保管しておいしくいただきたいと思います。

★お米は保管方法に気をつけて、おいしく食べなければ、もったいない!