【ふるさと納税生活】住民税決定通知書が届いたら、住民税の控除額を要チェック!

「2000円の自己負担で、地域の特産品などを楽しむことができる。」

これはふるさと納税のPRでよく聞くフレーズですが、そのためには、上限金額に気をつけて寄附をすること、正確に確定申告(またはワンストップ特例申告)をすることが大切です。

わたしは去年は確定申告をして、所得税の還付と住民税の控除がなされる予定になっていたので、還付の通知書と住民税決定通知書が届いたあとにしっかりと確認しました。

去年のふるさと納税は、確定申告をして終わりではなく、最後までチェックしたら完了です!

スポンサーリンク

ふるさと納税の失敗をミニマルにするために

それは、わたしがはじめてふるさと納税をした、翌年のできごとでした。

住民税通知書が届いたので確認すると、上限金額を超えて寄附をしてしまっていたことに気がつきました。

「あぁ、これは失敗した!」と思いましたが、それでも総合的に考えると損失より利益のほうが上まわり、不幸中のさいわいでした。

けれど、この経験からふるさと納税をしたらそこで終わりではなく、住民税通知書を確認することの大切さを身をもって思い知りました。

確定申告をしたら確認すべき、2つのこと

確定申告をすると、所得税の還付と住民税の控除というかたちで、ふるさと納税をした金額が戻ってきます。確認方法は、次のとおりです。

A) 所得税の還付

確定申告をしたあと、2ヶ月くらいで所得税の還付申告の通知書が届きます。通知書に書かれている期日までに、申告書で指定した口座に還付金が振込まれるので、金額を確認します。

わたしは還付申告のみだったので、1月早々に手続きをしました。すると、3月に通知書が届き、3月中に還付金が振込まれました。

B) 住民税の控除

ふるさと納税をした翌年の6月頃に、住民税決定通知書が届きますので、そこに記載されている控除の合計金額を確認します。

関連記事:去年のふるさと納税、しっかり控除されてる?住民税額通知書が届いたら確認すべきこと。 

所得税の還付金額+住民税の控除金額の合計は?

A・Bの金額を確認したあと、去年のふるさと納税の寄付金額(合計)に対する所得税の還付金額+住民税の控除金額の目安とくらべて、大きな差がないかをチェックします。

所得税の還付金額(A)+住民税の控除金額(B)

両方の金額を合わせると、「ふるさと納税の寄付金額-約2000円」になります。

まとめ

こうしてわたしは、今回こそ上限金額を超えることなく寄附をして、正確に確定申告をすることができました。これで、去年のふるさと納税、完了です!

★確定申告をしたあとの、最終チェックをおこたっては、もったいない!