【地曳いく子:服を買うなら、捨てなさい。】服は買わないけど、捨てています。

あるとき、歯医者さんの待合室で雑誌を読んでいると、ふと目に止まったのが、地曳いく子さんのコラム。

とても面白かったので、そのあと発売されたベストセラー『服を買うなら、捨てなさい』は、まよわず購入しました。

おしゃれになりたくて何度も読み返して、かつてはギュウギュウだったクローゼットも、今はだいぶスッキリしてきました♪

スポンサーリンク

服を買うなら、捨てなさい。

長年スタイリストとして活躍される地曳いく子さんの言う「おしゃれになるための秘訣」は、とてもシンプル。

それは、「洋服の数を厳選する」ということ。

わたしは、10代や20代は、服やアクセサリーを重ねて足し算していましたが、引き算をしたほうが、洗練された魅力が際立つ、ということですよね。

そしてわたしは、服は買わないけれど、捨てています。

まだ浪費家だったころに買った服がたくさんあるので、その中で着たいものを残して、それ以外を捨てるようにしています。

でも、ただゴミとして捨てるのは、もったいない!

だから、できるだけ資源として有効活用されるように、心がけています。

「捨てる」= 譲る・売る・リサイクル・ウエス

譲る

基本的に、洋服は妹にあげています。いらないと言われたものは、売るようにしています。

かつてモノにあふれていた妹の部屋が、今では簡素なホテル並に!

売る

メルカリ

メルカリに出品します。メルカリをはじめてからの合計売上金額は、13万円になりました。

メルカリのトラブルが続いて疲れながらも、売上金13万円を達成しました! 

ブランディア

買取対象のブランドであれば、ブランディアも選択肢。お誕生日キャンペーンでは、買取りが成立すると、アマゾンのギフト券(以前はクオカード)がもらえます。

ブランディアの誕生日キャンペーンで、500円のクオカードをいただきました。

リサイクルショップ

最後の砦として、利用しています。

リサイクル

ユニクロの回収ボックス

ユニクロの服なら、ユニクロの回収ボックスへ入れて、リサイクルします。

着なくなったユニクロの洋服はリサイクルボックスへ回収に出して、世界をよい方向に。

靴流通センター

いらなくなった靴は、靴流通センターでリサイクルに出します。割引券がもらえます。

不要になった靴は下取りキャンペーンに出して200円の割引券に@チヨダ・靴流通センター

ウエスにする

以上の方法でダメなら、ハサミでチョキチョキ切って、ウエスにします。掃除をするときに使って、資源はさいごまで大切に。

まとめ

もちろん、買わないといっても100%ではなく、生活に必要なものは購入しています。でも、あくまで最小限です。

クローゼットがスッキリしてきて、迷子だったわたしのおしゃれの方向性も、だいぶ確立してきました。引きつづき、服を断捨離していきたいと思います。

★おしゃれを目指すなら、服を捨てなければ、もったいない!