我が家のテーブルは、無印良品のナチュラル色の楕円こたつを1つだけ。

寒い季節になると恋しくなるこたつ。

こたつに入るとあたたかくて気持ちがよくて、ここから出たくない!このまま一体化して「こたつむり」になって、あっちこっちに移動できたらいいのに。

そんなことを思ったことが、今までに何度もあります。

我が家の愛しのこたつは、学生時代から使っていたものに別れを告げて購入した、無印良品の楕円こたつ。使いはじめて数年、その使い勝手のよさに感服しています!

スポンサーリンク

無印良品の楕円こたつ

我が家で所有しているテーブルは、無印良品の楕円こたつ1つだけ。

色はナチュラル、フラットヒーター型です。これから長く使いたいので、よく考えて購入しましたが、やはりこのこたつを選んでよかったと納得しています。

その理由は、次の4つです。

インテリアになじむ

シンプルなデザインで木目がきれいで、ほかの同系色の家具と相性がよく、統一感がでます。

色はナチュラルのほかに、ダークブラウンもあります。楕円のかたちだと、印象もやわらか。

フラット型ヒーターですっきり見える

フラット型のヒーターなので、一般的なこたつのようにヒーター部分がぼこっと出っぱっていません。そのため、昔ながらのこたつという感じはなく、すっきりスマートに見えます。

ローテーブルとこたつの両方として使える

こたつだけどスタイリッシュだから、こたつとローテーブルとして、通年で使用できます。

1つ2役なので、1LDKのちいさな住まいに、とても重宝しています。

角がまるいので小さい子供がいても安心

角の鋭いこたつを見かけることはあまりありませんが、ローテーブルだと角のあるものもすくなくありません。

ですが、楕円こたつは角がまるく、小さな子供がいても、比較的安全で安心です。

kotatsu-table

あえてのデメリットは?

約30kgと重いです。自分ひとりで組み立て移動することができましたが、さすがに動かすのは大変だと感じました。

また、子供がイヤイヤ期のころにトミカなどの固いミニカーで天板をたたかれ、表面の一部がへこんだりえぐれてしまいました。素材や値段ゆえの、デリケートさはあると思います。

まとめ

毎日の食事も、お絵描きや読書にパソコンも、冬の寒さしのぎも、すべてこれ1つで完結してしまう無印良品のフラットヒーター型の楕円こたつ。

電気代は1時間の使用で、強は約4円、弱は約2円と、お財布もからだもぽかぽか。シンプルな暮らし、ミニマルな暮らしにおすすめの、機能抜群のこたつです。

★ローテーブルとしても使える、こたつを選ばなければ、もったいない!