教科書+α の力を、『ハイクラスドリル 算数 1年 』で、120回鍛えていく。

基礎の問題をすらすらできるようになったら、応用へ。

この流れは、学習の基本ですが、基礎と応用の間に立ちはだかる壁を乗り越えるために、どのような教材を使っていくかは重要なポイントです。

スポンサーリンク

問題集選びは、それを解く「ひと」を無視できない

このときに無視できないのが、実際にその教材を使う「ひと」

問題集に厚みがあっても平気か、字が小さめでもやる気を失わないか、理解は速いか、複雑な問題でも落ち着いて根気よく取り組めるタイプか。

ここを無視してしまうと、せっかくの教材も、宝の持ちぐされになってしまいます。

プラスアルファの力をつけるために、我が家で使ったのは、『ハイクラスドリル』。

こちらは、受験研究社が出している良質な問題集で、1枚ずつ切り離せて使い勝手がいいのが特徴です。

多くの教材を比較検討し、応用問題のレベル感や使いやすさから、小学1年の問題集は国語も算数もこのシリーズを選びました。

ハイクラスドリルって、どんなドリル?

ハイクラスドリル』は、

トップクラスの学力がつく
3段階(標準、上級、最上級)の問題で、無理なくレベルアップが可能
120回(A4表裏を120枚)の演習で、実力を高められる

というのがうたい文句で、1日「1ページ」で、全国トップレベルの学力が身につきます。

しかして、我が家の学習ペースは、1日「半ページ」。

半ページとは、表また裏ページの、さらに半分。しかも、2年生の現時点で、2枚を残しております…。

それでも、昨日よりも今日、今日よりも明日、少しでも成長できているならそれでいいではないかと自分に言い聞かせ、ゆっくりと成長を見守っているところです。

まとめ

小学校低学年の算数のカリキュラムは、文章題よりも計算の単元が多めです。

ハイクラスドリル 算数 1年』も、文章題は少なめなので、『Z会グレードアップ問題集 算数 文章題』などで補っていけたら、鬼に金棒です。

★つめこみすぎて、勉強がきらいになったら、もったいない!

ランキングに参加しています:
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
あわせて読みたい:


フォローする