ベビー用品のレンタルサービス、実際に利用してみてどうだった?!

先日、ファイルの中身を整理していると、息子が生まれるにあたって利用した「ベビー用品のレンタルサービス」の領収書が出てきました。

ベビー用品は使う期間がみじかいので、お下がりをもらったり、中古品を購入したり、なしで済ませることができたら、経済的。

そんな選択肢のひとつとして、当時のわたしはベビー用品のレンタルサービスを選びました。

せっかくなので、実際に利用してよかったもの、よくなかったもの、かかった費用などについてまとめました。これから利用を検討されている方の参考になりましたら、これ幸いです。

スポンサーリンク

ベビー用品のレンタルサービス

わたしは、ベビー用品のレンタルサービスで、次のアイテムをレンタルしました。

まずは、このサービスを利用して「よかった!」アイテム、次に「失敗した!」と思ったアイテムをご紹介します。

レンタルしてよかったもの

ベビーシート

【利用期間:1ヶ月 約3000円】

赤ちゃんに車を乗せるなら取付け必須の、ベビーシート。新生児から利用できるもので、里帰り出産をするときに、実家で1ヶ月利用するためにレンタルしました。

産後の1ヶ月間という限定的な期間でベビーシートを利用する場合、レンタルという選択肢は正解だったと思います。

その後、帰省をしたのは約8ヶ月後でしたが、その際にはチャイルドシートを購入しました。

横抱きの抱っこ紐

【利用期間:3ヶ月 約5000円】

赤ちゃんの首がすわるまで、横に抱っこできるタイプの抱っこ紐を利用しました。

返却後は、エルゴを購入しました。ベビーインサートを使用して新生児の頃から使うこともできたのですが、わたしは心配性なので、赤ちゃんを横抱きするほうが安心感がありました。

一時的に使用するアイテムとして、横抱きの抱っこ紐はレンタルしてよかったです。

レンタルして失敗したもの

ベビーベッド

【利用期間:1ヶ月 約3000円】

里帰り出産のときに利用しました。せっかく赤ちゃんが泣きやんで寝ても、ベッドに置こうとするたびに泣いてしまうので、布団で自分の隣で寝かしつけたほうが楽でした。

そのため、ベビーベッドはただの物置と化してしまい、1ヶ月を待たずに返却しました。

B型ベビーカー

【利用期間:1年 約1万3000円】

赤ちゃんの腰がすわった後にレンタルした、B型ベビーカー。ちょっとお試しで利用するつもりが、あと1ヶ月・・・あともう1ヶ月と、気付けば1年も利用していました。

こうしてレンタル代が高額となり、さいしょから手頃なものを購入したほうがかえって安く、完全に失敗しました。

ただし、不要になったときにすぐに回収してもらえたので、その点はよかったです。

まとめ

短い期間だけ利用するなら、ベビー用品のレンタルは、よい選択肢。

これが、2社のレンタルサービスを利用して実感した、わたしの意見です。

なかにはベビー用品だけでなく介護用品のレンタルもしている会社もあるので、このようなサービスがあることを頭に入れておくだけでも、役にたつときが来るかもしれません。

★いろんなサービスの中から、自分に合ったものを選ばなければ、もったいない!