子供向けの無料職業体験イベントで、薬剤師さんになりました。

「大きくなったら、何になりたい?」

この質問をされると、わたしはいつも困っていました。だって、高校生になるまで、なりたいものがなかったから。

でも「何もない」とは言えなくて、答えに窮して「ピアニスト」と言っていました。・・・ピアノなんて、ほんの2・3年しか習ったことはありませんけど・・・ね・・・(爆)。

スポンサーリンク

いろんな職業を体験してみよう!

このような自分を、反面教師に。

子供にはいろんな仕事にふれて「これはおもしろそう!」と、興味のあることを見つけてもらえたらいいな、と思っています。

そんな折、薬剤師さんのお仕事を体験できるイベントがあることを知り、「これはいい経験になるかも」と、子供といっしょに行ってきました。

すると、これが意外に本格的で、おもしろい!

よく薬局で「朝」「昼」「晩」にわけてお薬をもらいますが、その機械を実際に使わせていただき、薬の代わりにお菓子を小分けにしたり。

それを「1日3回」などの書かれた薬袋に入れて、レジの対応をしたり。

無料ながら、本格的で充実した職業体験となりました。

まとめ

モノより、思い出。

これは、ミニマリストを凝縮したようなキャッチコピーのように感じます。もちろん、モノも大事ですが、やはり経験はprecious。

これから薬局に行くときに、子供がこの体験をすこしでも思い出してくれたら、万々歳です。

★いろんな職業に、ふれてみなければ、もったいない!