タイヤがひび割れて大変な目に!自転車を長持ちさせるなら、早めのタイヤ交換が吉。

ガタン、ガタン、ガタン、ガタン。

たった1mを進むのに、漕いでもこいでも前に進まないママチャリ。そして、おおげさなほど鳴りひびく、空気の抜けた後輪。

「なんだ、なんだ?!」

と、通りすがるひとたちにチラチラ見られながら、「バイトに遅刻する~!まずい~!」と必死に自転車をこぐオバサ-(over30 meets おばさん)。

スポンサーリンク

タイヤのメンテナンスにはお気を付けて

そう、それはとある日の、わたしの姿です。笑

週に1回、短時間のアルバイトに向かうときのことでした。通勤方法はおもに自転車で、駐輪場に行って自転車に乗ると・・・「ガタン、ガタン」と、後輪がパンクした感じがしました。

「えぇっ!昨日まで問題なかったのに、嘘でしょ?!」

今から自転車を置いて、青春ドラマのように恋人を追いかけるがごとく職場まで全力疾走するには、気力も体力もなければ時間もありません。

仕方がないので、そのまま後輪の空気が抜けた自転車をこいで、アルバイト先に向かいました。通常の1.5倍の時間がかかりましたが、なんとか職場にたどり着くことができました。笑

後輪のタイヤは、パンクでなくひび割れ

翌日、朝一番で自転車屋さんに行きました。自転車をみてもらったところ、空気が抜けた原因はパンクではなく、タイヤのひび割れが原因でした!

そもそも、タイヤの減価償却期間は2年くらいだそうで、わたしの自転車の場合はすでに3年が経っていたので、完全に経年劣化。

ましてやいつも後ろに子供を乗せているので摩耗もはやく、こうなることはやむを得なかっただろうという、店員さんのお見立てでした。

さっそく、後輪タイヤを交換してもらいました。料金は4500円でした。

タイヤは割れる前に交換すると、自転車が長持ち

店員さんのお話によると、できればタイヤは割れる前に交換したほうがいいとのことで、

「なるほど、そうだなぁ」と思いつつも、「割れるまでタイヤを使い切りたいしなぁ・・・」という思いがよぎったわたしのこころを見透かしてか見透かさぬか、

「とは言っても、みなさん割れてからいらっしゃる方がほとんどですけどね」

とも、おっしゃっていました。けれど、やはり自転車を長持ちさせるには、傷みをミニマルにするためにも、タイヤがひび割れる前に交換するのがいいでしょう。

まとめ

こうして後輪のタイヤが新しくなり、見違えるようにきれいになった自転車。こいでみると、スイスイと自転車が前に進んで、気持ちいい!

あと3年はこのママチャリを使いたいので、メンテナンスをして大切に使いたいと思います。

★自転車はメンテナンスをして、傷みをミニマルにしなければ、もったいない!