おもちゃ病院のお医者さんに、壊れたおもちゃを直してもらいました。

ドックは、おもちゃドクター。

やさしい、お医者さん。
心配ない、平気だよ?
ドックに診てもらおう!

こんな出だしではじまる、ディズニーチャンネルのアニメ『ドックはおもちゃドクター』。

おもちゃドクターは実際に存在して、先日わたしも、おもちゃ病院のドクターに壊れたおもちゃを直していただきました。

スポンサーリンク

壊れたおもちゃを、おもちゃ病院へ

きっかけは、「おもちゃを直してもらおうよ」という子供のひと言でした。

3歳の誕生日に購入したおもちゃで、すでにメーカーの保証期間が過ぎていて、どうしたものかと困っていました。

そんな折、ある日ふとチラシで見かけたのが、「おもちゃ病院」でした。

おもちゃが復活しました!

今回壊れてしまったのは、電池式のキーボード。

おもちゃドクターに診ていただいたところ、電池から液がもれて、ふたの内側にある配線が錆びてしまっていました。

その配線を新しいものと交換していただくと、キーボードが見事に復活!

うれしい~!!

おもちゃのお医者さんに感謝のきもちをお伝えし、こころから敬意の念を抱きました。

まとめ

その日は、ひさびさに使えるようになったことがうれしかったようで、子供はずっと、直してもらったキーボードに夢中で遊んでいました。

再びあたえられた命を大切にして、これから大切に使いたいと思います。

★壊れてしまったおもちゃは、直して使わなければ、もったいない!