コシが強くて、腹持ちがいい!ホームベーカリーで生地を作った、シンプルな手打ちうどん。

のどもとを過ぎれば、熱さを忘れて。

忘れたころに、またやってきて。

ちょっとしたことはあってもなんでもないような毎日が、どれほど有り難いものだったかを、わたしは今、身にしみて感じています。

スポンサーリンク

ホームベーカリーで、うどんの生地が作れる?!

しみるといえば、寒いときに食べるとほっとするのが、温かいうどん

もたい家は、新しくホームベーカリーを購入したのですが、パンはもちろん、うどんの生地も作れるようでびっくり。

またもや、わたしの中で、文明開化の鐘が響きわたりました。

関連記事:【はずかしネタあり】もたいない子、はじめての楽天ポイントカードで、くら寿司デビュー

【悲報】うどん粉を買った当日に、袋に穴があいた

うどんを作るために、スーパーで手打ちうどんの小麦粉を買った、もたい。

家に帰って取り出すと、いっしょに買ったほかの食材のカドに袋をひっかけてしまい、穴があいてしまいました。

パフッと穴からもれていく、うどん粉…。

あわててガムテープを貼ってケースにうつし、翌日、うどん作りに取り掛かりました。

ホームベーカリーを使って、手打ちうどんを作った

うどんの生地は、中力粉と食塩水をあわせて、ホームベーカリーでこねること30分。

3つにわけてラップに包み、2時間以上ねかせたあと、打ち粉をしながら生地をのばして3mm幅に切っていきます。

「ギコギコ、ギコギコ」

切れない包丁で必死に頑張りましたが、等間隔に生地を切ることができず、太すぎたところをさらに半分にしたりとひどいありさまです。

とりあえず沸騰した鍋に入れてゆでて、食べてみると、ナニコレ?

珍百景ならず、ものすごくコシが強くて満腹感のある、おいしい珍うどん(?)ができあがりました!

まとめ

手作りのうどんは、余計なものが入っていなくて、シンプル。

自分で作るといろんな発見があって、実験みたいでおもしろいです。

★手作りを、楽しまなければ、もったいない!

ランキングに参加しています:
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
あわせて読みたい:


フォローする