やぶれた持ち手を、ミシンで修理して復活!ビルケンシュトックのエコバッグ。

夫が3年以上愛用している、ビルケンシュトックのエコバッグ。

いつも週末になると使っていますが、持ち手がのびきって、ビリビリとやぶれてきました。

スポンサーリンク

モノは壊れたら修理をして、長く使う。

ところで、エコバッグとは、環境にも家計にもエコなバッグを言います。

持ち手がやぶれても、バッグは捨てずに修理したほうがよりエコだと考えたわたしは、新しく購入したアイシンミシンを使い、裁縫の練習もかねて直すことにしました。

birkenstock_before

修理方法

用意するもの

・ビルケンシュトックのエコバッグ
・不要になったエコバッグの持ち手など(※持ち手になるものなら何でもOK)

修理方法

1) ビルケンシュトックのエコバッグ(A)の持ち手をはずす。

2) 不要になったエコバッグ(B)の持ち手をはずす。

3) Bの持ち手を、Aに縫いつける。

4) 完成です!

birkenstock_after

不要になったバッグの持ち手は、別の布製バッグから取り外して利用しました。当時小学生だった妹が数回使用した、布製のバッグです。

帰省をした際に実家の押し入れにあったので、自宅に持ち帰って、今回使用に至ります。

ちなみに、やぶれた持ち手は写真のように編み込んで、掃除道具として、シンクをピカピカに磨きあげたあとに断捨離しました。

birkenstock_handle

まとめ

こうしてお直しをして復活した、ビルケンシュトックのエコバッグ。

しかし!夫はどうして毎回、スーパーで購入したものをレジ袋にいれて、さらにこのエコバッグに入れ帰ってくるのか・・・。

ミニマリストでない夫と、ミニマリストのわたしの攻防戦は、続きます。

★エコになるように、エコバッグを使わなければ、もったいない!