100均のドリルで『とけいのよみかた(対象年齢5歳)』を練習する。

一年生になって、最初につまづきやすい算数の単元といえば、「とけい」。

とけいには、短いはりと長いはりがあって、両方の理解を重ねて正解を出すのがむずかしいんですよね。

たとえば、短いはりを指している時間はわかったのに、長いはりの指す時間を考えていたら混乱してきて、とんでもない時間を答えてしまう。

実はわたしも自身も、当時は「とけい」に悪戦苦戦しました。

スポンサーリンク

あとでわかるより、今わかったほうが自信になる

その単元が終わってあとあと時計を読めるようになると、「なんでわからなかったんだろう」と思うのですが、授業のタイミングではなぜか理解できなかったんですよね。

そして、そのつまづきをきっかけに、はやくも算数に苦手意識がめばえてしまいました。

そんな経験から、小学1年生で習うことはちょっと先取りして、苦手な単元に時間をかけて、理解を深めてほしい。

そう思ったわたしは、100均のドリルを購入して、子供に取り組んでもらっています。

『とけいのよみかた(対象年齢5歳)』

とけいの読み方について、まずはサラッと通すならとけいのよみかた(対象年齢5歳)

ダイソーのドリルで、見開き1ページは5分もあれば解けます。だから、じっと座ってじっくり取り組むのが苦手なお子様にも、おすすめです。

我が家の息子は、「○時」など時間ぴったりだと読めるのですが、「○時半=○時30分」といった長いはりの認識が、今のところ絶望的です。

まとめ

でも、だからこそ、早めにはじめてよかった!

小学1年生になるまでにはあと1年あるので、「とけい」の単元は時間をかけて、ゆっくりでもしっかり理解できるようになってくれたらと思います。

★苦手な単元は、時間をかけなければ、もったいない!