歯医者さんで定期的にクリーニングと歯周病・虫歯チェックをして、いつまでも健康な歯に。

歯がボロボロと抜け落ちて、止まらない!うわぁあああ!!!

というところで目が覚めて、「はっ・・・夢だったか」ということが、ここ数年、1年に1回くらいあります。

夢ならまだしも、もしも実際に歯が抜け落ちたとしたら、想像するだけでも恐ろしいです!

スポンサーリンク

歯を長持ちさせるために、大切なこと

わたしがみたのは夢ですが、歯を失う最も大きな原因となっているのが「歯周病」です。

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中に住んでいる細菌によって歯肉に炎症がひき起こされて、ひどくなると、歯を支えている骨が溶かされていく病気です。

8020推進財団の「永久歯の抜歯原因調査」によると、日本人の成人の8割が歯周病にかかっていると言われていて、気がつかないうちに歯周病が進行している可能性も!

だから、できるだけ歯を長持ちさせるためには、プロによるケアとセルフケアの両方が大切だと、わたしは考えます。

プロによるケア

わたしは半年に1度、歯医者さんで次のケアをしてもらっています。

dental care

歯周病チェック

歯周ポケットがどれくらい深さになっているかを、先の細い器具でツンツンと計ってもらっています。ほんの一瞬だけ、かすかにチクッとします。

クリーニング

歯科の器具でガリガリっと歯のよごれをこそぎ落として、ギュイーンと歯をみがいてもらったあとの、よごれの取れたツルッとした歯は、気持ちがよくて格別!

歯周病だけでなく、虫歯や口臭予防にも効果的です。

虫歯チェック

子供が生まれてすぐは小さな虫歯ができて治療をしてもらいましたが、ここ数年は虫歯0。

歯のクリーニングは、虫歯予防にも役立っています。

セルフケア

歯ブラシ、歯間ブラシ、デンタルフロス。

これは、わたしの歯のケアの3種の神器。ときどき、マウスウォッシュ(リステリン トータルケア)も使っています。

特に、就る前はしっかりみがくように心がけています。

まとめ

甘いものは食べるし、疲れて丁寧に歯磨きをできない日もあるけれど。

プロによるケアとセルフケアで、歯の夢が現実にならないように、気をつけたいと思います!

★自分の歯は、いつまでも大切にしなければ、もったいない!