買取金額1200円。リサイクルショップで不要なものを売って、断捨離しました。

いらないものは、それを必要なひとに使ってもらわなければ、もったいない。

だから、ゴールデンウィークはずっと使っていなかったものが家にないかを探して、リサイクルショップで買取ってもらいました。

不要なものを断捨離することで、部屋と心に、新緑の季節のさわやかな風が吹きぬけました!

スポンサーリンク

買取金額は1200円になりました

わたしは今回、リサイクルショップで、ブレンダーと湯たんぽを買取りしてもらいました。

どちらもいただきもので、未使用の状態で3年ほど持っていたものでした。そのまま取っておくよりも、どなたか必要な方に使っていただいたほうがより有効的。

そう考えて、お気持ちはありがたく頂戴しつつ、感謝の気持ちをもって手放しました。

ブレンダー800円、湯たんぽ400円。

買取金額は、合計1200円になりました。

今年は、フリマアプリにも挑戦します

リサイクルショップは、すぐに売却できるところがメリットです。

でも、高い値段で買い取ってもらうなら、オークションサイトやフリマアプリのほうに軍配があがります。

わたしは以前、着なくなった服をヤフオクで売ったこともありましたが、あまりに面倒で挫折してしまいました。

フリマアプリは、それよりもっと簡単にできるようなので、今年は挑戦してみます!いずれ、売り上げの経過を記事としてまとめていく予定です。

まとめ

いらないものをたんすのこやしにしても、そこから芽を出して咲くのはきれいな花ではなく、疲れやイライラなどの負の感情です。

それなら、たんすのこやしを売って、断捨離。

部屋と心が軽くなるし、お小遣いもゲットできて、プラスの効果が生まれます。

★部屋とお財布とわたしに、余裕をつくらなければ、もったいない!