不織布を使い捨ての掃除用シートにリメイクして使い切る。

「何かに使えるかな?」と思って取りためておいた、大量の不織布。

そのわりには積極的に使おうとしていなかったので、クローゼットのクリアボックスにしまい込んだまま、 取っておいたことさえ忘れていました。

一体こんなにたくさん、いつどこから家に入ってきたのか。服を買ったときや荷物の梱包材としてついてきたのかと思われますが、まったく記憶がありません。

スポンサーリンク

不織布をハサミで切るだけの、簡単リメイク。

「見つけたからには、今こそ何かに使って、使い切ろう!」

そう考えて、チョキチョキ、チョキチョキ。

ただハサミで切っただけですが、クローゼットに眠っていた大量の不織布が、使い捨ての掃除用シートとしてよみがえりました!

nonwoven fabric

掃除用シートとして使ってみると、水をふくませてサッとふくだけで、ベランダや網戸のよごれが取れてキレイになります。

さらに、台ふきとして使ってみると、テーブルをサッとふいたら1回ごとにゴミ箱に捨てることができて、使い捨てのウエスを買うよりコストパーフォーマンスよし。

そのままゴミとして捨てるよりも、工夫をして使いきったほうが楽しいだけでなく、環境にもやさしくて経済的です!

まとめ

ゴミとしてポイッと捨ててしまうのは、簡単なこと。でも、捨てる前にひと工夫して使用することによって、ほんのわずかでも、家計や自然環境の保護に貢献することができます。

そのためにも、わたしはこれからも身近にできるちょっとしたエコ活動として、「使い切る」ことを大切にしたいと思います。

★いらなくなった不織布は、リメイクして使い切らなければ、もったいない!