問題集だけでいける?!小1、英検ジュニアのブロンズに合格しました。

「高いレベルの資格を、最年少で取得する」

なにか必要にせまった事情がなければ、ことを急ぎすぎなくてもいい、とわたしは考えます。

たとえば英検なら、高校卒業までに英検2級/準1級、小学生なら中学に上がるまでに英検5級/4級を取得くらいが目安でしょうか。

そんな目標に向かって時間をかけてゆっくり進めるべく、英語の勉強は、子供が年長になったあたりでアルファベットからはじめました。

そして、小1で、英検ジュニアのブロンズに合格しました。

スポンサーリンク

英検Jr(ジュニア)のブロンズとは?

ところで、英検Jr(ジュニア)とは、「英検の子供用バージョン=児童英検」です。

自宅でインターネットから申込みをして、オンラインでテストを受けられるので感染症対策にもなり、ものすごく便利です!

試験の内容は、ほぼリスニングのみ。

レベルは、ブロンズ・シルバー・ゴールドの3つにわかれています。

ブロンズの難易度は、未就学児でも受けられるレベルで、受験時間は30分です。

今までに使ってきた、英語教材の一覧

英語学習をスタートしてから、ブロンズに合格するまでに使った教材は、こちらです。

100均で買ったノート

これで、はじめてアルファベットを練習しました。

関連記事:ショウワノートおけいこシリーズ『いっしょにABC』で練習する、アルファベットの書き順。

海外サイトの無料プリント教材

無料プリントで、さらにアルファベットのなぞり書きをしたあと、フォニックスで文字と音のつながりを確認しました。

関連記事:子供の英語学習に、海外サイトの無料プリント教材を利用する。

はじめてのえいかいわえほん

ベネッセから出版されている、『はじめてのえいかいわえほん』。

こちらは、単語・フレーズ・歌がのっていて、タッチペンで音を出すことができます。ちょっと高いけれど、大正解の本です!

関連記事:英会話の練習は、ペンでタッチすると音が出る『はじめてのえいかわえほん』で。

楽天ABCmouse

アメリカNO1のオンライン教材。

今年の11月からリニューアルされて、対象年齢も11歳までになり、さらにパワーアップするようでうれしいです。

現在はレベル4を継続中ですが、Level3までクリアして、600以上の単語とフレーズにふれることができました。

関連記事:約1100円/月で、英会話力アップ中。アメリカNO.1オンライン教材RakutenABCmouse

問題集だけで合格できる、英検Jr ブロンズ

こうしていろんな教材を使って、ぼちぼちABCを書けるようになり、多少は音と文字のつながりを認識して、若干リスニングと単語力がついてきました。

…(笑)。

といったところで、英検Jrのブロンズの問題集へ。

はじめての英検Jr. ブロンズ

使ったのは、『はじめての英検Jr. ブロンズ』。王道の問題集です。

詰め込みはよくないので、1日にやる量は、AかBのどちらかにしました。

A) 単語は1日に10個だけ読む
B) 巻末にあるリスニングのフレーズを2センテンスだけ、紙に書きうつす・発音する・訳す

英検ジュニアのテスト

そして、オンライン版の無料サンプルをお試ししてから(笑)、テスト本番へ。

単語がひとつわからず、100%とはいきませんでしたが、97%で合格できました!

まとめ

英検ジュニアの勉強方法は、いろんなアプローチ方法があって然り。

できるだけ子供ひとりで取り組み、最短・最速合格を目指すなら、英検ジュニアのオンライン教材を使うのがベストです!

もちろん、英検対策用の問題集1冊だけでも、全然いけます。

★ご家庭に合った方法で、英検ジュニアの合格を目指さなければ、もったいない!

ランキングに参加しています:
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
あわせて読みたい:


フォローする