東日本大震災から7年、宮城県石巻市にふるさと納税の寄附をしました。

わたしの日々の楽しみのひとつ。それは、録画しておいたドラマを観ることです。

今期のイチオシは『獣になれないわたしたち』でしたが、第8話のなかで、震災に関するエピソードが描かれていてハッとしました。

2011年の東日本大震災。あれから、7年が経ちます。

スポンサーリンク

「がんばって!」応援の気持ちを、ふるさと納税で

応援のことばがけは、むずかしいかな。励ますつもりで「がんばれ!」と言っても、受け手にとってはそのことばが、逆に重くなってしまうことがあります。

わたしにも、そのような時期がありました。

そんな中、友人が絶妙なタイミングで、フラワーアレンジメント(しかも、キティちゃんのかたちでかわいい!)を送ってきてくれたことを覚えています。

気にかけて応援してくれていることを、あえて言葉ではなく花束で伝えてくれたことがすごく粋で、あたたかい気持ちに満たされました。

そのときの感動は、今でもおぼえています。

ふるさと納税の寄附を、応援の気持ちに換える

今年は、東日本大震災から7年目となります。

被災された方々へ「引きつづき応援しています」という「がんばって!」の気持ちを、寄附にかえてー

2018年最後のふるさと納税は、宮城県石巻市に寄附をしました。

スーパーボランティアにはなれませんが、何かしらのかたちで、お力になれますように。

★ふるさと納税で、災害支援をしなければ、もったいない!