梅雨だからこそ、洗濯機のカビやよごれは洗濯槽クリーナーでしっかり落とす。

本格的な、梅雨の季節となりました。

カビのはえやすい時期の到来です。それは、普段使っているアレの、あんなところにも・・・。

スポンサーリンク

洗濯槽がよごれていると、どんな影響がある?

アレ、というのは、洗濯機のこと!

洗濯機の洗濯槽を掃除しないで放置すると、洗濯槽のうら側に、カビやよごれが繁殖します。

それは、洗濯物のイヤなにおいの原因になるだけなく、黒いシミになることも!!洋服をきれいにするために洗濯をするのに、洗濯槽がよごれていたら、本末転倒です。

だから、3ヶ月に1度の特別なお手入れとして、洗濯槽クリーナーを使って、洗濯槽のうら側の見えないカビやよごれを取りのぞいています。

洗濯槽クリーナーを使って、ボタン1つで簡単お掃除

本来は、2ヶ月に1度の間隔でお掃除をするのが理想的なようですが、わたしは3ヶ月に1度のペースで洗濯槽クリーナーを使っています。

使い方は至って簡単で、洗濯機のボタン1つで完了するので、楽ちんです!

使用方法

1) 洗濯機の「標準コース」を選んで、高水位まで給水する。

水道水でもOKですが、より効果が出るように、ぬるま湯がおすすめ。

2) 洗濯槽クリーナーをすべて入れる。

3) そのままの状態で、3時間くらい放置する。

4) 洗濯・すすぎ・脱水まで、「標準コース」を1サイクルする。

5) はがれ落ちたよごれを、拭き上げる。

掃除完了です!

まとめ

ピーッ、ピーッ、ピーッ。

完了の合図がなって洗濯機のふたをあけると、洗濯槽には、裏からはがれ落ちてきた黒いピロピロがごっそり。

ウエスでふきあげながら「こんなによごれてたのか・・・」とゾッとするいっぽう、「こんなにきれいになったんだ♪」と達成感があります。

★洗濯槽は、定期的に掃除をしなければ、もったいない!