買い替えのタイミングが早いから、2足目の子供靴は0.5cm大きめで。

「ツツ~、ガリッ。ペラン。」「ドボン!」

わたしの子供はわんぱくで、突然、思いもよらない行動をすることが多々あります。

その結果、靴がドロドロによごれたり、壊れかけたりすることも・・・。だから、ミニマルな暮らしを送るといっても、運動靴は1足ではたりません。

でも、子供の成長は早いので、買い替えのスパンが短いのが悩みのたね。

そこで、2足目を買うときは、ある工夫をするようにしました。

スポンサーリンク

2足目の子供靴を買うときの工夫

その工夫とは、2足目の靴は、0.5cm大きめのサイズを購入することです。

子供の靴は、1足目は普段用、2足目はお出かけ用(予備)として持っています。

普段用の靴は、だいたい数ヶ月で傷みがめだってきます。そしたら、2足目を普段用に。

その頃には足のサイズも大きくなっていて、0.5cmあげていた靴が、ちょうどよくなっていることがほとんどです。

1足目

今のサイズ

2足目

1足目より、0.5cmサイズをあげて。

もちろん、成長のスピードは一定ではないので同じサイズを買うこともありますが、2足目は基本的に0.5cm大きめを・・・というサイクルです。

※写真は、いちどは試してみたくてお出かけ用に購入した、スリッポン。脱げやすくていまいちでしたが、上履き用としては履きやすくていいかもと思いました。

まとめ

そして、次の靴を買うときには、いらなくなった靴はリサイクルへ。

リサイクルをすると、「靴流通センター」では割引券のプレゼント、「AsBee」ではお買い物金額から5%割引になるので、お買い得です。

関連記事:不要になった靴は下取りキャンペーンに出して200円の割引券に@チヨダ・靴流通センター 

★成長の早い子供のモノ、買い方を考えなければ、もったいない!