【3人暮らしの家計簿公開】2017年11月分

寒い、寒い・・・。寒いは、冷え。冷えは万病のもと!

からだの冷えは、お風呂にゆっくり浸かってその日のうちに取ることもできますが、財布の冷えは、計画的に冷え取りをして行かないと、すぐにはあたたかくなりません。

そのためにも、わたしは家計簿をつけて、1ヶ月のお金の流れを把握するようにしています。それでは、11月の家計簿の振りかえりです。

スポンサーリンク

11月の家計簿

家賃 非公開
食費 16,000
日用品 5,000
電気 4,000
ガス 4,000
新聞 5,000
保険 非公開+9,000
教育費 35,000
夫小遣い 非公開+3,000
その他 0
—————————

合計 128,000

食費

ほかの月に比べて、11月は食費がとてもすくなかったです。

この月は、ふるさと納税の返礼品としていろいろと食べ物が届いたのですが、それが食費の削減につながっていたのだと思います。すごいよ、ふるさと納税の節約効果!

関連記事:【ふるさと納税:鳥取県大山町】新興梨7.5kg 

日用品

幼稚園で必要なものを、その都度買っています。積み重なると、案外大きな額になるかも・・・。

ガス

寒くなってきて、お湯を使う機会が多くなりました。そのため、ガス代がアップしました。

電気

コタツを出しました。電気代は、1時間の使用で「強」は約4円・「弱」は約2円なので、そこまでかかりません。

けれど、ときどき電気ヒーターも使っているためか、電気代がアップしました。

関連記事:我が家のテーブルは、無印良品のナチュラル色の楕円こたつを1つだけ。 

保険

積立型の保険と医療保険に加入しています。また、火災保険は、必要最低限の補償をつけて、保険料は限りなくミニマルに。

関連記事:賃貸マンションの火災保険(家財)はどの保険会社と契約する?わたしはこう選びました。 

まとめ

家計簿をつけるのは、面倒で続かない。

そんなわたしは、続けるために、とてもおおざっぱなつけ方をしています。何月何日にどの項目でいくら使ったか、合計額をセルに入力して、月の終わりに項目ごとに集計するだけ。

もしもお財布が寒いと感じているなら、家計簿をつけて毎月振りかえる作業を続けていけば、来年の冬のお財布は、きっと今年よりもあたたかくなっている可能性大です

★冷え取り対策をしっかりして、あたたかくしなければ、もったいない!