【ふるさと納税生活:岡山県総社市】1万円の寄附で20kgの総社の米をもらって、食費節約。

節約のために家計の支出を減らしたいけれど、食費を削ることはなかなかむずかしい。でも、もしも約2000円の自己負担だけで、たくさんの食料を手に入れることができたら・・・?!

これをきっかけに去年はじめたのが、ふるさと納税でした。

スポンサーリンク

1万円の寄附で20kgのお米をもらう

我が家において、食費の中で毎月コンスタントにかかっているのが、お米代です。お米の消費量はひと月に5~10kgで、 お米代は2000~4000円くらいかかっています。

もしもお米代を減らすことができたら、食費を節約することができて、とても助かる!

そう考えて、ふるさと納税のお礼としてお米をもらえる自治体をさがしたところ、きらりと光ったのが岡山県総社市でした。

総社の米

総社市に寄附をしたのは去年の話になりますが、わたしがはじめてふるさと納税をおこなった自治体で、ドキドキしながら手続きをしたことを覚えています。

そして、1万円の寄附をして、総社の米を20kgもらいました!

soujya rice 20kg

寄附をする際に指定していたお届け時期になると、お米が届きました。

ダンボールの梱包を開けると、中に、5kgのお米が4つ。袋のデザインがとてもおしゃれで、こだわりを感じます。さっそくお米を炊いてみると、ひと粒ひと粒がふっくらもっちもち。あたたかくても冷めてもおいしいご飯に、感動もひとしおです。

20kgのお米をもらったことで、約8000円、食費を節約することができました

soujya rice 20kg-2

本来なら「その自治体を応援したいから」という気持ちで、寄附をするべきかもしれません。

ですが、ふるさと納税でその自治体をはじめて知って、寄附をしてお礼の品をいただいてから、応援したくなるのもいいんじゃない?

ということで、今年もたくさん応援します、日本のふるさと!

★食費を節約するなら、ふるさと納税を利用しなければ、もったいない!