【3人暮らしの家計簿公開】2017年6月分

家計簿で、1ヶ月の支出を総合的にまとめるようになってよかったこと。

それは、ひと月の総支出をきちんと把握できるようになったことです。そしてわかったのは、家賃・教育費・保険料・夫の小遣いが大きな割合を占めているという事実でした。

紆余曲折を経てようやく今の金額に落ちついた夫の小遣いは、今のところ改善の余地がありません。また、保険料は数年後に払込が完了になるまでふんばりどき、それ以外は必要経費・・・。

そうなると、幼稚園がはじまる前の貯金のペースに近づけるためには、わたし自身が収入をふやすことが必要だと考えて、この夏はすこし多めに働くことにしました。

それでは、6月の家計簿を振り返ってみたいと思います!

スポンサーリンク

6月の家計簿

家賃 非公開
食費 22,000
日用品 4,000
電気 5,000
ガス 3,000
水道 5,000
新聞 5,000
保険 非公開+9,000
教育費 35,000
交通費 19,000
夫小遣い 非公開+3,000
その他 30,000
—————————

合計 140,000

食費

5月は食費が高めになってしまったので、今月は特売日を利用したり、遠くの安いスーパーへ買い出しに行くなどして、改善するように気をつけました。

関連記事:【3人暮らしの家計簿】2017年5月分

通信

インターネット代は、家賃込み。NHK受信料は年払いで支払いをしているので、今月は0円。携帯代は、夫婦それぞれの口座からの引落しとなっています。

保険

医療保険・貯蓄型の保険・火災保険に加入していて、2年後に見直しをする予定です。

関連記事:貯蓄と保障を兼ね備えた積立型の保険でコツコツ積立て中。メリットとデメリットは?

その他

少額ですが、ぼちぼちとふるさと納税を楽しんでいます。わたしは納付書で支払いをしていますが、楽天のお買い物マラソンで楽天カードを使ってふるさと納税をするとさらにお得です。

まとめ

「生きるためには、愛があれば大丈夫!」とはよく言ったものですが、資本主義社会においては、やはりそれなりのお金は必要です。

無駄な支出をはぶく・収入をふやす・投資をするなど、コツコツとした地道な積みかさねが、よい結果につながると信じています。

まずは家計簿をつけるところからはじめてみると、道が開けます。

★家計簿をつけて、お金をためる戦略をたてなければ、もったいない!