どんなによごれても平気!不要なおとなのTシャツをリメイクした、こどもの半袖Tシャツ。

こどもの洋服は、本当によごれやすい。とりわけ淡い色や無地の洋服は、ちょっとのよごれも目立ちやすくて気をつかいます。

でも、どんなによごれても平気な服をもっていると、外遊びやご飯を食べるときは気がねなく過ごせます。

そんな服のひとつが、いらなくなった服を子供用にリメイクしたものです。

今回は、おとなの半袖Tシャツを、こどもの半袖Tシャツにリメイクしました。ミシン初心者で裁縫もへたっぴなので、遠くから見るのがちょうどいいです。

スポンサーリンク

リメイクの方法(おとな→こどもの半袖Tシャツへ)

前回と同じ手順で作ります。

わたしは完璧を目指すと作れなくなってしまうタイプなので、適当にざっくり切って、縫っています。

関連記事:大人用の半袖Tシャツは、着なくなったら子供用の長袖Tシャツに簡単リメイク。

用意するもの

ミシン、おとなの半袖Tシャツ、こどもの半袖Tシャツ(型どり用)

リメイクの方法

1) いらなくなったおとなのTシャツを、平置きする。

子供が生まれる前に、ジムなどで運動をするときに使っていた、わたしの黒い半袖Tシャツ。これを、こども用にリメイクして使い切ります。

2) こどもの半袖(型どり用)を置いて、適当な位置で裁断。

おとなの半袖の首もとを活かしたかったので、「ここがいいかな?」と思う位置でアバウトに裁断しました。縫い代として、1cmくらい幅を広めにとっておきました。

3) 半分に折って、左右が同じ形になることを確認。

さすがにざっくりすぎるので、半分に折ってシンメトリーになることを確認します。はみ出ているところがあれば、切り落とします。

4) ミシンで縫う。

Tシャツを裏おもてにして縫います。今回は、おとなのTシャツの袖を活かしたので、赤い線の部分をミシンで縫いました。

5. 完成!

完成です。シンプルでよごれの目立ちにくい、こどもの半袖Tシャツができあがりました!

まとめ

こうして、どんなによごれても平気な、こども用のリメイクTシャツができあがりました。

お出かけのときはきちんとした洋服がいいですが、ご飯を食べたり泥んこ遊びなどをするときには、気兼ねしなくていい服がいちばんです。

次回は、ズボン作りに挑戦してみたいです。

★リメイクをして、不要になった服を活かさなければ、もったいない!