【実家の断捨離】再生できない!悲劇が起こるその前に。ビデオテープとカセットテープをDVDとCDにダビング

カセットテープ、MD、CD、ビデオテープ、DVD・・・。記録媒体って、年々どんどん進化していきますよね。

わたしの世代なら、幼いころの映像や音声は、ビデオテープやカセットテープにおさめられていることが多いと思います。

それでも機材があれば再生できますが、もしもテープそのものが劣化して、再生不可能になってしまったら?!

わたしは、残念をこえて、もはや無念です。

スポンサーリンク

 カセットテープとビデオテープを断捨離

ところで、わたしの実家には、物置部屋(元・妹の部屋)がひとつあります。

そこには、全部で合計10本以上。ほこりをかぶったカセットテープとビデオテープが、長らく放置されていました。

歌謡曲をおさめたもの、幼いころのきょうだいの声やようすが録音・録画されたもの。いちばん古いカセットテープは、なんと30年以上も昔のものでした。

このまま劣化が進んで再生できなくなったら大変なので、母に必要なものとそうでないものを選別してもらい、いらないものは断捨離しました。

dubbing-2

【なんでもダビング】で、CDとDVDにダビング

そのあと、必要なものを業者に依頼して、カセットテープはCDに、ビデオテープはDVDにダビングしてもらいました。

わたしが利用したのは、【なんでもダビング】

こちらはパレットプラザの系列ですが、わたしは以前、写真のプリントでお世話になっていて安心感があったので、利用を決めました。

dubbing-1

注文できる場所

全国1800店舗のパレットプラザ、55ステーション、ヤマダ電機グループ店舗の店頭、宅配で申し込み可能。

わたしは、ヤマダ電機のお店で注文しました。

料金

基本料金: 1,000円(1注文あたり)
DVDへのダビング: 1,500円(1本)
CDへのダビング: 1,500円(1本)

※詳細はこちらを参照ください。

仕上がりまでの時間

約1ヶ月かかりました。

幼い日の思い出が、一気によみがえりました!

CDに入っていたのは、幼い日のわたしときょうだいの声。DVDには、学校のイベントや、帰り道、家、家族のようす。

母といっしょにそれらを鑑賞したのは、つぎに帰省したときでしたが、「ブワ~!!」とあふれるように、一気に記憶がよみがえってきました!

再生不能になるまえに、カセットテープとビデオテープをCDとDVDにダビングして、本当によかったです。

★大切なテープ類は、CDとDVDにダビングしなければ、もったいない!