わたしはまだ、本気を出してなかっただけ。本気で小物の断捨離、はじめました。

俺はまだ本気出してないだけ

かつて、このタイトルの漫画が流行っていたことを、ご存じでしょうか。

これまでに何年間もかけて少しずつモノを減らしてきましたが、「わたしはまだ、本気を出していなかったのだ」と、最近つくづく思います。

というのも、引っ越す予定であらためて家にある持ち物を見返すと、これは持っていきたくないと思うものが、出てくる出てくる!

それらを、今は惜しみなく使うようにしています。

また、今まで使っていたもので古くなって汚れすぎたモノは、処分しています。

スポンサーリンク

面倒くさくて、やる気がなかったことに気がつく

断捨離の判断基準は、それを、引っ越し先に持っていきたいかどうか。

シビアに判断していくと、結構いらないモノがいっぱいあって、これまでいかに自分が判断を先延ばしにして、逃げていたかに気づかされます。

そうか、「わたしはまだ、本気を出してなかっただけ(?)」なのだ!

目標があると人はやる気が出るもので、長らくミニマリズムや断捨離熱が冷めかけていたわたしも、今、ひさしぶりに「楽しい」という感覚につつまれています。

まとめ

仕事の忙しさもようやく落ち着いて、さあ、これから!

このいらないモノは「何にどうやって使えるかな?」と考えていると、いろんなアイディアが浮かんできて、それを試している時間はわくわくして、使い切ると達成感です。

★そろそろ、本気を出さなければ、もったいない!

ランキングに参加しています:
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
あわせて読みたい:


フォローする