大人用の半袖Tシャツは、着なくなったら子供用の長袖Tシャツに簡単リメイク。

台風がとおりすぎて、次第に秋が深まりつつある今日この頃。

去年着ていた長袖Tシャツは、手首が見えるほど袖がみじかくなり、子供の洋服がものすごいスピードでサイズアウトしていきます。

お出かけをするときのために、きちんとした洋服を持っていたい。でも、気兼ねなく外遊びができるように、どんなによごれても構わない洋服もほしい。

そんな服として、いらなくなった大人用の半袖Tシャツをリメイクして子供用の長袖Tシャツを作りました。リメイクの方法は簡単で、お金も一切かかっていないので気軽さ倍増です。笑

スポンサーリンク

大人の半袖Tシャツ→子供の長袖シャツにリメイク

用意するもの

ミシン、大人用Tシャツ、子供用の長袖の洋服(型どり用)

リメイクの方法

1. 不要になった大人用のTシャツを広げる。

いらなくなったTシャツを広げます。

わたしが小学生のころに買ってもらったTシャツで(サイズは今と変わりません)、数回だけ着用しなかったものが実家に残っていたので、それを使いました。

切るときに布が揃うように、あらかじめアイロンをしておきました。

long-tshirt-1

2. 子供用の洋服で、型どりをする。

Tシャツと長袖の洋服をそれぞれ半分に折ったあと、型をとります。

来年も着ることができるように、わたしは今よりワンサイズ大きい110サイズの長袖の洋服を型として選びました。

long-tshirt-2

3. 余白を1cm残して、ハサミで裁断する。

縫い代として余白を1cm残して、いらない部分を切り落とします。

long-tshirt-3

4. ミシンで縫う。

Tシャツを裏おもてにして、縫います。端は、ほつれてこないようにかがり縫いをします。

long-tshirt-4

5. 完成!

完成です。ややドルマリンスリーブっぽくなりました。

long-tshirt-5

まとめ

ご飯を食べると、ミートソースがべっとり。外で遊ぶと、ぬかるみですべって泥だらけ。

どんなによごれてもいいこのリメイクした洋服があれば「ま、いっか」と大きく構えることができるので、気持ちがとっても楽になって精神的な豊かさにつながります。

また、リメイクをしたことで、いらなくなった服を持たない、子供用の長袖Tシャツを買わない、大人用の半袖Tシャツを使い切る、この3つを実現することもできました。

★いらなくなった洋服は、リメイクしなければ、もったいない!