やぶれた持ち手をミシンで修理して復活!ビルケンシュトックのエコバッグ。

夫が3年以上使っている、ビルケンシュトックのエコバッグ。

いつも週末になると使っているものですが、だいぶ使い込まれて、持ち手がのびきってビリビリとやぶれてきました。

スポンサーリンク

モノは壊れたら修理をして、長く使う。

エコバッグがその名前で呼ばれる理由は、地球環境にエコなバッグだから。

そして、持ち手がやぶれても捨てずに直したほうがもっとエコになると思い、新しく購入したアイシンミシンの練習もかねて修理をすることにしました。

birkenstock_before

修理方法

用意するもの

・ビルケンシュトックのエコバッグ
・不要になったエコバッグの持ち手など(※持ち手になるものなら何でもOK)

修理方法

1) ビルケンシュトックのエコバッグ(A)の持ち手をはずす。

2) 不要になったエコバッグ(B)の持ち手をはずす。

3) Bの持ち手を、Aに縫いつける。

4) 完成です!

birkenstock_after

不要になったバッグの持ち手は、実家に帰省したときに妹が小学生のころ数回使用しただけのものが押し入れにあったので、それを使いました。

また、やぶれた持ち手は、編み込んで掃除道具としてシンクを磨きあげたあとに捨てました。

birkenstock_handle

まとめ

こうしてお直しをして復活した、ビルケンシュトックのエコバッグ。

しかし!エコバッグをスーパーに持っていきながら、なぜに夫は、購入した品物をスーパーの袋に入れて帰ってくるのか・・・。これは永遠の疑問です。

★エコバッグは、エコになる方法を考えて使わなければ、もったいない!