一袋の梅から、梅酒と梅ジャムを作りました。

梅の季節ですね。

わたしは去年は梅シロップを作りましたが、アルコールを使ったほうがカビの心配がすくないので気軽なのと料理酒として使いたいという理由から、今年は梅酒を作ることにしました。

あらかじめ梅を冷凍しておく、簡単レシピです!

スポンサーリンク

冷凍梅でつくる梅酒

用意するもの

梅1kg、氷砂糖500-800g、ホワイトリカー1.8L
保存ビン(4L用)、つまようじ、ふきん

作り方

1) 梅を水で洗ったあと、つまようじでへたを取る。

2) ふきんで梅の水気をふき取り、冷凍する。(1週間以内をめどに3へ)

3) 消毒して完全に乾かした保存ビンに、冷凍梅と砂糖を交互に入れる。

4) 梅が完全に隠れるように、ホワイトリカーを保存ビンに注ぐ。

5) 保存ビンを1日1回やさしくゆすり、2-3ヶ月冷暗所に置いておく。

6) 飲んでみておいしいと思ったら、できあがり!

あまった梅で梅ジャムを作りました

毎回、保存ビンに梅が入りきらずにあまってしまうので、残った梅で梅ジャムを作りました。

ずっと謎だったのですが、それもそのはず。

わたしの持っている保存ビンの容量は1個1Lなので、あと2Lも容量が足りていなかったからです。このことに今回ようやく気がつきました。

梅ジャムは、朝食のときにパンにつけていますが、ほんのり梅の酸味が感じられるすっきりとした味わいでとてもおいしいです!

関連記事:
失敗しにくい梅ジャムの作り方は、冷凍した梅を使う、早めに火を止めるのがポイントです。 

まとめ

わたしは梅酒を作るのは2・3回目の経験になりますが、回数を重ねていくうちに、すこしずつ容量を得てきました。

気になったりやってみたいことは、もしもそれを実行に移す時間やチャンスがあれば、これからもすこしずつ試していきたいと思います。

★旬の季節だから、梅酒を作ってみなければ、もったいない!