赤紫蘇とお酢を使った簡単レシピで、しそジュース作りに初挑戦しました。

先日、知り合いの方から手作りの赤じそジュースをいただきました。

あまりにもおいしくて止まらなくなり、あっという間に飲みほしてしまったわたしは、スーパーに行ったついでに赤じそを買って自分でもジュースを作ってみることにしました。

だって、そうすれば、もっとたくさん飲めるから♪

はじめての挑戦でしたが、想像していたよりも簡単で、きれいな深紅色のしそジュースができあがりました。じめじめした梅雨にぴったりの、さわやかな味わいです!

スポンサーリンク

赤じそジュース

用意するもの

赤じその束、水2L、お酢2カップ、砂糖500-800g、茶こし

作り方(2・3倍に希釈して飲むタイプ)

1) 茎から赤じその葉を取る。

しそが大量にあったので、茎からすべての葉を摘み取るのに10分はかかりました。

2) しその葉を洗う。

よごれを落とすために、2・3回洗いました。

3) 鍋で水2Lを沸騰させる。

4) 沸騰させた水にしその葉を2~3分入れて煮出し、取り出す。

5) お酢2カップと砂糖500-800gを入れて、20分くらい煮詰める。

6) 茶こしでこして、保存ビンに入れる。完成です!

梅酒を作るために、家にある保存ビンをすべて使ってしまいました。そのため、5で空になったお酢のビンにしそジュースを入れました。入りきらなかった分は、ホーローへ。

まとめ

こうして、大量の赤じそジュースができあがりました。これを飲むのが、わたしの最近のちょっとした楽しみです。

ただし、飲みすぎると胃が痛くなったり気持ちが悪くなりますので(経験者)、水でうすめるときの濃度や1日の摂取量には、注意が必要です。なにごとも「適量」は大事ですね!

季節の果物や野菜は、その時期にひつような栄養素をからだに補完してくれる気がします。

★しそジュースで、夏バテを防止しなければ、もったいない!