賃貸マンションの火災保険(家財)はどの保険会社と契約する?わたしはこう選びました。

ときに、わたしの父はとても厳格ながらも義理堅い人物で、もっと手頃な値段でほかのお店で買うことができるものを、会社をやめて独立された方や仕事で取引きのあった方のお店で買い物をする姿をむかしからよく見てきました。

そんな影響があってか、(その商品が気に入れば)わたしもせっかく買うなら懇意にしているひとから購入して、すこしでもそのひとの利益になったらいいなという想いがあります。

現在加入している火災保険はそのひとつで、以前お世話になっていた方にお願いして契約しています。

もしも事故があった場合にも、信頼している方に保険会社との合間を取り持っていただけるほうが、意志の疎通がとりやすくて安心感があります。

スポンサーリンク

住まいに最適な保険料を算出してもらいました

実は、現在の賃貸マンションに入居する際に、不動産会社から火災保険(家財)の加入を勧められたのですが、そこで提示されたのは保険料が3万円のプランでした。

わたしのお世話になっていた方は火災保険のプロで、世帯人数・住む予定の階・部屋の広さ・持っている家財(の再調達価格)をもとに、保険料の算出をお願いしました。

すると、我が家にとって適切な保険料は、2万円との見積もり結果となりました。

より適切な保険に加入するためには、あらかじめ設定されたプランを選ぶよりも、自分の住まいに合った保険料をていねいに算出してもらったほうがいいと実感しました。

保険商品それ自体も、大手保険会社のもので納得できる内容だったので、すこしでもその方の売上げに貢献できればとまよわず保険の申込みをしました。

保険料を安くするために、補償を削りすぎない

不動産会社から提示されたプランとわたしが実際に契約した保険は、どうして保険料に1万円もの差がひらいたのか。

そもそも保険会社が異なるので一概には言えませんが、

・補償のひとつが不要だと判断してはずしたこと
・標準的な量より持っている家財がすくないので、保険金額を減らしたこと

が、その大きな理由だと考えられます。

ただ、保険料は補償や保険金額を減らせば当然安くなりますが、個人的には安易におすすめはしません。なぜなら、もしも必要な補償まで削ってしまっては、事故が起きた場合にしかるべき補償を受けることができなくなってしまうからです。

重要なのは、補償内容が自分の住まいにとって最適であることだと、わたしは考えます。

まとめ

もうずいぶん前になりますが、学生時代に「ペイ・フォーワード」という映画をレンタルショップで借りて、観たことがあります。

わたしの解釈としては、自分が受けた親切やご恩を次の誰かにつなげていく、というものですが、自分もできるところからそのような流れを作っていけたらいいなと思います。

それは、めぐりめぐって自分のところに返ってくる・・・そんな気もしています。

★pay it forward、善意は次の誰かにまわさなければ、もったいない!