リサイクルショップで不要なものを売って断捨離して、買取金額1200円になりました。

いらないものは、それを必要なひとに使ってもらわなければ、もったいない。

だから、ゴールデンウィークはずっと使っていなかったものが家にないかを探して、リサイクルショップで買取ってもらいました。

不要なものを断捨離することで、部屋と心に、新緑の季節のさわやかな風が吹きぬけました!

スポンサーリンク

買取金額は1200円になりました

わたしは今回、リサイクルショップでブレンダーと湯たんぽ2個を買取りしてもらいました。どちらもいただきもので、未使用の状態で3年ほど持っていたものでした。

そのまま取っておくよりも、どなたか必要な方に使っていただいたほうがより有効的なので、お気持ちはありがたく頂戴しつつ、感謝の気持ちをもって手放すことにしました。

ブレンダーは800円、湯たんぽは2個で400円で、買取金額は1200円になりました。

今年はフリマアプリにも挑戦します

リサイクルショップは、お店に持ち込んだアイテムが買取り可能で、買取金額に納得できればすぐに売却処分できるところがメリットです。

けれど、高価買取という点では、やはりオークションサイトやフリマアプリに軍配があがると考えます。

以前にヤフオクを利用していた時期もありましたが面倒で挫折し、それ以来はオークションサイト等への出品は避けていましたが、フリマアプリはもっと簡単気軽に出品できるようなので挑戦してみようと思うようになりました。

その経過や売り上げ結果は、いずれ記事としてまとめていきたいと思います。

まとめ

いらないものは、たんすの「こやし」にしても、そこから芽を出して咲くのはきれいな花ではなく、疲れやイライラなどの負の感情です。

それらを売って断捨離すれば、部屋と心が軽くなり、お財布にもちょっとした余裕ができて、いい相互作用が生まれます。

★部屋とお財布とわたしに、余裕をつくらなければ、もったいない!