【ふるさと納税:岡山県吉備中央町】コシヒカリ お米60kg

食費を節約をするなら、ふるさと納税から。

わたしはふるさと納税をはじめて3年目になりますが、寄付のお礼として、毎年お米を選んでいます。

はずかしながら、おおむね、少額の寄附で大量のお米をいただける自治体に申込みをしていますが、毎月1500円~3000円ほどの食費を削減することができるようになりました。

そして今回は、岡山県の吉備中央町です。

スポンサーリンク

吉備中央町はどんなところ?

岡山県のちょうど真ん中あたりに位置する、吉備中央町。ここで、岡山県を代表する、多くのお米が生産されています。

吉備高原の理想郷米、吉備中央町産のコシヒカリ

3万円の寄附で、60kgのお米をいただきました。

前回いただいた岡山県総社市の「総社の米」とおなじく、寄附1万円につきお米20kg、という計算になります。

関連記事:【ふるさと納税:総社市】1万円の寄附で20kgの総社の米をもらって、食費節約。

食べざかりの子供がいるので、おいしくてコストパーフォーマンスのいいお米をいただけると、家計の助けになります!

ふっくらおいしいコシヒカリ

肝心なお味ですが、吉備中央産のコシヒカリは、ふっくらとしてみずみずしくて、おいしかったです。

たとえば、お醤油をまぶしたかつおぶしにのりを巻いたシンプルなおにぎりにしても、お米のおいしさがギュッとつまっていて「最っ高~!」と子供とふたりでうなりました。

60kgのお米は、複数回に分けて発送時期を指定可能

「60kgのお米は、一気に送られてくるの?」

我が家は3人暮らしですが、もしも60kgのお米が一度に送られてきたとしたら、消費できずに困ってしまいます。けれど、吉備中央町では、複数回にわたって発送をお願いできます。

わたしは20kgのお米を3ヶ月おきくらいの間隔で送られてくるように、発送時期を指定しました。ちょうど消費しきるかしきらないかのタイミングで、次が送られてくるイメージです。

まとめ

さいきんは、コスパのいいお米は、申込開始の時期になるとものすごい勢いで品切れ状態になってしまいます。

それだけ、わたしたちの生活にふるさと納税が浸透している証でもあると思います。

以前はゆっくりと検討しすぎて、寄附をしようと思ったら品切れになっていたことが何度もあったので、もしも「これだ!」と思うものがあれば、近ごろはあまり時間をおかずに申込むよう心がけています。

★ふるさと納税生活で、より豊かな生活を送らなければ、もったいない!