主婦がFP3級に合格しました!おすすめの勉強法や参考書、勉強期間は?

ファイナンシャルプランナーの資格を取りたい。

これはわたしが学生時代のときから漠然と思っていたことでしたが、すこしでも知識をふやしてこれからの生活に役立てたいと考えて、FP3級の試験を受けることに決めました。

3月に申込みをして5月に受験しましたが、この度(なんとか)合格しました!

もしも時間が足りなくて受験を諦めている、またはくじけそうな方に「こんなわたしでも合格できたから、大丈夫!」とお伝えしたく、勉強方法や使用テキストについてここに記します。

スポンサーリンク

FP3級の合格基準(FP協会)

FP3級の資格を取得するためには、学科と実技の両方の試験に合格する必要があります。

実技の試験は「個人資産業務」「保険顧客資産相談業務」「資産設計提案業務」にわかれていて、どれを選択するかによって、申込み先の試験機関が異なります。

わたしは「資産設計提案業務」を受験することにしたので、FP協会に申込みました。FP協会のFP3級の合格基準は、次のとおりです。

3級 学科 筆記(マークシート形式) 60問 36点以上(60点満点)
実技 筆記(マークシート形式) 20問 60点以上(100点満点)

使用した参考書(テキスト)

みんなが欲しかった!FP3級の教科書

板書形式で図解されているので、初心者でもわかりやすい!まるで、TACの授業を受けているかのようです(通ったことないけど)。

ややこしい単語も「こんなゴロ合わせで覚えるといい」ということが書いてあったり、ただ丸暗記をするよりも覚えやすくて助かりました。

みんなが欲しかった!FPの教科書3級(2017-2018年版) [ 滝澤ななみ ]

こうして合格しました、わたしの勉強方法

過去問を解く→テキストで調べる→ノートにまとめる→間違えた問題を復習する

効率重視で学習しました。本田直之さんの『レバレッジ勉強法』でも、まずは過去問から解くことは、勉強の効率を上げるために重要だと述べられています。

試験では、過去問やその類似問題が多く出題されるので、過去問を中心に解くことは効果的だったと実感しています。

勉強のポイント

勉強方法

直近4回分の過去問を解きました。

すべての問題について、解答をテキストで調べてノートにまとめました。このとき、答えだけでなくその周辺知識もノートに書きうつして、覚えるようにしました。

勉強時間

1日に1時間くらい勉強しました。最後の3日間は、1日2時間くらい。

勉強期間

試験日の2ヶ月前くらいから、ぼちぼち試験勉強をスタートしました。

しかし、アルバイト先での体制変更・研修・試験、幼稚園入園からの強烈な感染症にかかって家族で順々にダウンし、集中的にはじめたのは試験の3週間前からとなりました。

計画どおりに勉強時間が取れなくなるとかなり焦るので、できるだけ早めに勉強をはじめて、前倒しで学習を進めることをおすすめします。

過去問の点数が思わしくなくても、諦めなければ大丈夫!

まずは、なにも勉強していない状態でどれくらいの点数が取れるのかをみるために、過去問を解いてみました。すると、結果は下記のとおりとなりました。

用語の意味がわからず、何を問われているかすらわからない問題も多々ありました・・・。

過去問(2017年1月)

学科:24/60問(不合格)
実技:15/20問(合格)

過去問を解いたあとは、テキストで調べる→ノートにまとめる→間違えた問題を復習→別の過去問を解くというプロセスを繰り返して、試験当日へ。

試験当日は、間違えた過去問の問題を復習

試験当日は、時間に余裕をもって会場に到着しました。ところが、会場が広すぎて迷うというプチアクシデントに見まわれ、教室にたどり着いたときにはわりと時間ギリギリに。笑

学科

直近の過去問1回分のまちがえたところを復習してから、試験に挑みました。

実技

学科の試験を途中退室して、次の試験までに2時間くらい時間がありました。そのあいだに、過去問4回分のまちがえた問題を解き直しました。

FP3級、一発合格です!

学科44/60点・実技90/100点で、合格することができました!

学科は、決して満足のいく点数ではありませんでしたが、それでもこうして無事に合格できたことはうれしいです。

まとめ

生活がよりよくなるようにという思いからはじめた、ファイナンシャルプランナーの勉強。

合格して終わりではなく、今回勉強したことを保険や投資の商品を選ぶうえで参考にしたり、家計管理に反映させるなど、これからに活かしていけたらいいなと思います。

★取りたいと思った資格は、受験してみなければ、もったいない!