子供乗せ自転車のチャイルドシート、いつから前乗せをやめて、後ろ乗せにする?!

子供を乗せて近所にお出かけするときに便利な子供乗せ自転車。通称ママチャリ。

ガソリン代が不要で維持費が安いところがメリットで、息子が1歳3ヶ月になったときから愛用していて、このたび後ろ乗せのチャイルドシートを購入しました。

もしもこれから購入される方のご参考になればと、自転車のチャイルドシートをどのタイミングでうしろに移すか、購入金額など、我が家の場合についてご紹介します。

スポンサーリンク

前乗せのチャイルドシート、いつまで乗せてOK?

わたしが使っているのは、前乗せのチャイルドシートがあらかじめ自転車に組み込まれているママチャリです。いつまで子供を前に乗せていいかは、次の基準が目安となっています。

体重: 15kg未満
身長: 1
00cm以下

後乗せのチャイルドシート、いつまで乗せていい?

わたしは日本のメーカーの後乗せチャイルドシートを購入して、そのシートは次の基準を満たしている場合に、うしろに乗せてもよいとされています。

年齢: 2歳以上、6歳未満
体重: 21kg以下
身長: 115cm以下

わたしはこのタイミングで後ろ乗せにしました

イヤイヤ期が終わってから

息子がイヤイヤ期のときは、機嫌を損ねると前乗せのチャイルドシートで泣いて暴れてベルトのすき間から脱出しようとしたことが何度もあり、とても後ろには乗せられませんでした。

けれど、3歳になるとようやくイヤイヤが落ち着き、しっかり話もできるようになったので、これなら安心だと考えて後ろ乗せにしました

上げ下ろしが大変になった

前乗せのチャイルドシートは、子供を抱っこして乗せなければなりません。最初のころは問題ありませんでしたが、息子が大きくなるにつれて次第に重く感じるようになりました。

体重が14kgにもなると自転車に乗るたびに上げ下ろしをするのがきつく、そろそろ自分で乗り降りしてもらってもいいかもしれないと、後ろ乗せに移行しました。

ハンドルが取られるようになった

子供が重くなると、思うように自転車が動かなくなり「怖い!」と感じる瞬間がふえるようになりました。たとえば、公園に止めておいた自転車に息子を乗せて帰ろうとした、ある日。

ハンドルが取られて倒れそうになり、必死におさえてギリギリセーフでしたがギリギリアウトとも思い、転倒事故を最小限にするためにも後ろ乗せのチャイルドシートを購入しました。

後乗せシートの購入金額・取付け代

3つの自転車屋さんで、値段を比較しました。その中でもっとも良心的だった個人の自転車屋さんで、後ろ乗せのチャイルドシートを購入して取付けをお願いしました。

後ろ乗せチャイルドシート

OGKヘッドレスト付きリア用後ろ子供のせ自転車チャイルドシートを購入しました。

ヘッドレストのパッドが衝撃を90%吸収して、5点式のシートベルトが子供がずれ落ちを防いでくれます。子供を乗せていないときは、チャイルドシートが荷台にもなります。

購入金額(本体+取付代)

9500円

自転車屋さんのこぼれ話

自転車屋さんの店主によると、後ろ乗せシートは、自転車が倒れたときにチャイルドシートの足をかける部分(ステップ)が割れやすいようです。

あくまでも店主の今までのご経験では、海外製より日本製のほうが割れにくい傾向があるとのことでした。その話をふまえて、わたしはOGKを選びました。

取り外したカゴはクローゼットの収納に

後乗せのチャイルドシートを取付けるためにはずしたカゴは、きれいに拭き上げたあと、収納アイテムとして利用しています。

まとめ

今まではいつでも息子の姿を確認しながらママチャリを運転していましたが、後ろにすわっていると、まったく様子がわかりません。

帰り道に夕暮れ空を眺めながら、こうして少しずつ大人になっていくのだなと思うとぼんやり景色がにじみましたが、まだまだこれから。まずは、今日一日、一緒に過ごす時間を大切にしたいと思います。

★適切なタイミングで、後乗せシートに移行しなければ、もったいない!