カーペットの掃除には「使って驚きの吸引力NO.1」ダイソンのコードレス掃除機がおすすめ

我が家では、掃除機はずっと、結婚当初に購入したキャニスタータイプを使用しています。コードのついた、紙パック式のものです。

掃除をしていると部屋の角に掃除機がぶつかってしまうのが悩みの種で、次はスティック型のコードレスの掃除機に買い替えたいと思っています。

そして、実家ではひと足先に、ダイソンの掃除機に切り替えていました。

強力なパワーで塵やほこりをグングン吸い込むのを見るのがおもしろくて、帰省したときは、毎日掃除機をかけるのが楽しみで仕方ありません。

スポンサーリンク

吸い込んで、吸い込んで、吸い込む。NO.1の吸引力

ダイソン、吸引力の変わらないただ一つの掃除機。

これは、ダイソンのCMのキャッチコピーです。

またまたぁ、そんな大げさな!・・・といつもひとりで突っ込んでいましたが、実際に使ってみると、今まで使ってきたどの掃除機よりも、吸い込む、吸い込む、吸い込む!

特にすごいのが、カーペットに入り込んだ「粉塵」まで取りのぞいてくれること。

古い掃除機を使っていたころは、表面をなぞるように、ほこりやゴミを吸い込むだけでした。

けれど、Dyson V8 Animalproは、まるでヘッドスパで地肌のよごれまで落とすかのように、カーペットの奥にたまった粉塵をしっかりと吸い込みます。

1回の掃除で、これだけのよごれが取れました!

「今日はどれだけ取れるかな♪」

前々日も前日も、しっかり掃除をしているのに・・・。ていねいに掃除機をかけて、約20分でこれだけの塵とほこりが取れました。たしかに、NO.1の吸引力です!

※ちなみに実家は、カーペットフロアです。

掃除を終わったあとのカーペットは、とてもすっきりして、清潔感でいっぱいです!

あえてのデメリットは?

価格が高め

掃除機1台で、価格は5万円以上(2018年現在)。貧民のわたしにとっては、正直、高いっ!ただ、機能性や今後の使用期間を考えれば、それだけの価値はあると思います。

充電が必要

充電式なので、掃除機をかける場合はあらかじめ充電をしておく必要があります。3時間半の充電で、約20分、高い吸引力が持続します。

掃除が面倒

吸い込んだほこりや塵は、ワンタッチで「ポンッ」!

・・・のはずが、わたしのやり方が悪いのか、なぜかそうはいかないクリアビンのゴミ。だから、わたしは次の方法でゴミを捨てています。

1) ビニール袋のなかに、掃除機のクリアビンを入れる。

まずは、マスクをつけて、作業に取りかかります。ビニール袋の中に、掃除機のクリアビンを入れてから、ふたを開けます。

2) クリアビンを開けて、粉塵をかき出す。

細かなところが気になる場合は、竹串などを使って粉塵をかき出すか、クリアビンをはずしていらない布でよごれを落として。あとは、ビニール袋をしばって、ゴミ箱にポイッ!

気が向けば、クリアビンを洗って乾かします。

まとめ

「ゴーン、ゴーン、ゴーン」わたしの中で、文明開化の金が鳴る―

世の中に、こんなにすごい掃除機があったとは!実際に使ってみるまで、CMを疑ったりしてごめんなさい。ダイソンのスティック式クリーナーは、次に買いたい掃除機NO.1です。

★吸引力バツグンな、掃除機をかけなければ、もったいない!