手縫いにはこだわらない。制服のブラウスや体操服の裾上げはミシンで簡単に仕上げました。

途中で買い替えるのはもったいないから、大きめのサイズを買っておこう!

息子が幼稚園に入園するにあたり、学校指定の制服や体操着は今より2サイズ大きい120を購入しましたが、そのまま着るとまるでに服に着られたかのようにぶっかぶか。

そこで待っているのが、裾上げです。

手縫いかミシンのどちらにするか迷いましたが、わたしの下手な手縫いよりもミシンで仕上げたほうが見ばえがいいであろうと考えて、後者の方法で裾上げすることにしました。

もしもどちらにしようかお悩み中のママがいたら「やはり手縫いにしよう」「ミシンでも案外いいかも」とひとつの判断材料として参考になればと、縫い方や仕上がりをここに記します。

スポンサーリンク

ミシンを使って裾上げをする方法

あくまでも初心者が自己流に仕上げた方法ですので、あらかじめご了承ください。

1) 服を裏返す。

洋服を裏返しにします。

2) 脇から(裾上げしたい長さ÷2)+1cmのところに線をひく。

わたしは4cm裾上げをしたかったので、(4÷2)+1=3cm、 脇から3cmのところに線をひきました。チャコペンシルがないので、鉛筆でうすく線をかきました。

3) 線をひいたところを折って、そでを内側に入れる。

線をひいたところを山にして折り、画像のとおりにそでを内側まで折り込みます。

4) まち針でとめる。

まち針がないので、ふつうの針でとめました。指をささないように注意します。

5) ミシンで縫う。

4cm裾上げしたかったので、山から2cmのところを縫いました。

6) できあがり!

できあがりです。表に返すと、このような仕上がりになります。

まとめ

背が伸びて裾上げした部分をほどいたときに、穴が目立ってしまうのではないのかがもっとも気がかりですが、アイロンをすると案外目立たないという説もあります。

気になる方は手縫いがよろしいかと思いますが、手縫いが苦手な方や急いで仕上げなければならない方にはおすすめです。

こうして入園準備を進めていると、このあいだまでは赤ちゃんだった息子がもう幼稚園かと、時の流れのはやさを実感します。

わたしはもう背こそ伸びませんが、裾上げをした幅のぶんだけ、自分自身も成長する3年間にしたいと気持ちを新たにしました。

★入園準備は、無理せず簡単な方法で進めていかなければ、もったいない!