簡単レシピでおいしい、かりんシロップ♪のお湯割り片手に、年末はきょうだいで団らん。

秋ごろに、知人からいただいたのは、黄色くてつるっとしたかりん。かりんの実にふくまれる成分は、咳に効いて、のどの炎症をおさえるはたらきがあると言われています。

かりんは適当に切ってはちみつに漬けておいたのですが、そのシロップがそろそろ飲み頃をむかえた年末に、わたしのきょうだいが家に遊びにきてくれました。

そして、かりんシロップのお湯割りを片手に、ひさびさの再会を楽しみました。

スポンサーリンク

かりんシロップの作り方

用意するもの

かりん
はちみつ
保存瓶

作り方

1. かりんをきれいに洗って水気をふく。

かりんは、きれいに洗って水気をふいたあと、1日ほど乾燥させておきました。

2. 保存瓶を消毒する。

保存用の瓶を消毒します。

煮沸する、電子レンジで加熱する、アルコールを利用するなどの方法がありますが、わたしはアルコール度数の高い焼酎で消毒しました。

3. かりんを切る。

適当な大きさにスライスします。試作品として、皮のついたものと皮をむいたもの、両方のはちみつ漬けを作りました。

4. 保存瓶に、かりんとはちみつを入れる。

かりんを瓶に入れて、それがかぶるくらいに、たっぷりはちみつを入れます。

5. できあがり!

発酵のしすぎを防ぐため、さいしょから冷蔵庫に保存しておきました。1・2ヶ月後にかりんがしわしわになったら、かりんと種を取り出して、できあがり!

まとめ

季節の果実は、砂糖・はちみつ・お酒に漬けておくと、長く楽しむことができます。

言うまでもありませんが、せっかくならひとりで飲むよりも家族や大好きな友人といただくほうが、より一層おいしく感じます。

わたしは、ほっこりとしたいい時間を過ごすことができて、しあわせな気持ちになりました。

★季節の果実は、漬けて長く楽しまなければ、もったいない!