貯蓄と保障を兼ね備えた積立型の保険でコツコツ積立て中。メリットとデメリットは?

せっかくお給料が入っても、入ってきた分だけ使ってしまって、なかなか手もとに残らない。

実は我が家は、子供が生まれるまでは夫婦別財布で、夫もわたしもまさにこのタイプでした。そのため、シンプルな暮らしを送るようになるまではほとんど貯金がありませんでした。

スポンサーリンク

積立型の保険でお金をためる

伊達直太さんの『30代からのお金のトリセツ』では、やりくりして残ったお金を毎月の貯金にまわすのは、お金がたまらないひとの典型的な例だと書かれています。

以前のわたしたち夫婦は、この例そのもの。

けれど、毎月決まった金額を貯蓄にまわして残りのお金で生活するようになった今、1年間で100万円以上は貯金できるようになりました!

より強制的かつ確実にお金がたまる仕組みで、それを実現できるように工夫しています。

その方法のひとつとして取り入れているのが「積立型の保険」です。

積立保険とは?

積立保険は、貯蓄の機能を備えていることから「貯蓄型の保険」と呼ばれていて、生命保険と損害保険の分野で多く販売されています。

生命保険なら、たとえば学資保険・個人型年金保険・終身保険(低解約返戻型)。

損害保険は、積立火災保険・積立傷害保険などが、これに該当します。

積立保険の特徴

積立保険の主な特徴は、次のとおりです。

コツコツとお金を積み立てることができる
積立てたお金は、万が一の場合に保険金として支払われる
満期がきたら満期保険金が支払われる

メリット

簡単にお金を引出すことができない

積立保険は、いちど契約をしたらやむを得ない事情がない限り解約しないことが基本です。

もしも解約する場合は所定の手続きが必要で、ATMからちょっとお金をおろそうという手軽な感じでは、お金を受け取ることができません。

だから、コツコツと積み立てることができてお金もたまります。

お金をふやせる

積立保険は、利率次第では、満期になると払い込んだ保険料の総額よりも多く保険金が支払われます。

例:保険料1万円/月・払込期間5年・受取利率103%・10年満期の場合

払込保険料は、60万円。満期保険金は、61万8,000円。(+1万8,000円)

万が一の事態に備えることができる

保険と貯金のもっとも大きな違いは、保険の場合は、万が一のことがあったときにに保険金が支払われることです。

30代からのお金のトリセツ』では、葬儀代は全国平均で約200万円と言われています。

その費用の全部または一部でも保険金で準備できれば、残された家族の経済的負担を軽減することができるでしょう。

デメリット

保険料が家計の負担になる可能性も

保険料を高めに設定して保険の契約をすると、あとあと家計が苦しくなる可能性があります。

たとえば一家の大黒柱がリストラにあった場合に、保険料を支払うことがむずかしくなれば、保険を解約せざるを得なくなるかもしれません。

そのような事態を避けるためには、無理のない保険料を設定すると安心です。

高いリターンは望めない

積立保険は、お金をふやす手段としてローリスク・ローリターンの部類に属する商品だという理解です。運用次第では、投資や株のほうが高いリターンを得られるでしょう。

保険会社が倒産したら不利な条件になるかも

保険会社が倒産した場合は、保険契約者保護機構によって救済措置が取られますが、利率や保険金額が下がるなど契約内容が不利なものに変わる可能性は0ではありません。

健康状態に不安のあるひとは加入できる?

「持病があるし、保険に入るのは無理かもしれない・・・」

保険は健康状態のいいひとが入れるものが多いですが、持病があったり健康状態に不安があるからこそ、将来のお金について心配になりませんか?

でも、加入できる積立保険はあります。

たとえば、去年10月に販売開始された明治安田生命の「じぶんの積立」も、健康告知が不要な積立保険のひとつです。

貯蓄と万が一の保障という2つの機能を備えた積立保険は、将来のお金と健康に不安を抱えるひとにとって、より心づよい選択肢となると考えます。



まとめ

愛があれば大丈夫!とは言っても、生きるためにはやっぱりお金は必要です。

まずは将来的に家族が生活に困らないだけの資金を貯えるために、保険を上手に活用しながらお金をふやしていきたいと思います。

★金融商品を組み合わせて、お金をふやしていかなければ、もったいない!